医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/04/28(金) 02:32:46 [うつ病闘病記]

昨夜、「もしかして不調の原因は…」 で今回の不調の原因について思い当たる節があると書きました。

今からそれについて書きます!
(医療系の方、一応フラッシュバック注意です。)

人気blogランキング『メンタルヘルス』

それは・・・、
やはり、2年前の実習(恐らく私の最大のトラウマ)でしんどくなってきた時期と一緒だから!?ではないかと、ふと思ったんです。

それで、危険だとは承知していましたが…当時のWeb日記のログを改めて見返してみました。勝手にこんなことして、主治医には怒られそうですが・・・( ̄▽ ̄;A

あぁ、やっぱり!
って感じでした。

当時は同級生でWeb日記を見ている子もいたはずです。
改めて読み返してみると、もう日記すべてにおいて、精一杯自分はしんどいけどどうにかやってるよ!って感じの文面でした。

以下に、ちょうど2年前、2004年4月27日の日記を転載します。

2004/04/27(火) 「新たに・・・」

2症例目を担当させていただくことになりました。
2症例目とは言っても、1症例目の患者さんにはSVの補助みたいな感じになってしまったので微妙でした。

1症例目の患者さんとのコミュニケーションは良く、私があんまり患者さんの前でSV(実習指導者)に怒られるから、心配してくださる始末ρ(。 。、 )
自分の回復にに対して前向きな方なので、ついつい休憩しなければならない時間に急いで次のことをしようとしてしまう。
それを止めるのに私は毎日精一杯で、ちょっと血圧計を取りに行ってる最中に歩き出したりしてて、SV(実習指導者)に怒られたこともしばしば。
最近は、「あんたが怒られるからやめとくわ。」
う~ん( ̄~ ̄)ご自分の転倒の危険の方を考えてくださいよぉ。
ちょっと退院後が心配です。

…で、2症例目の患者さんに初めてお会いして、実習がスタートしました。
2週間で退院するかも…ってGW挟んだら、5日しかないっす!!
大変や~

(内容は一部改編してあります。)




もう、この頃には限界に近づいていました。
今考えてみても、なぜ、当時にあれだけの睡眠時間&毎日のSVからの嫌味の連続に耐えることができていたのか、まったくわかりません。
奇跡と言うしかないくらい、心身ともに衰弱していました。

これに気付いたからか、久々のうつ病の大波が引いてくれたのか、今日は午後からは、やっと傾眠状態からも脱出し、少しはマトモな人間的生活を送ることができました。

今は比較的、落ち着いています。
昨日までの超うつ状態はどこへ行ったのかと自分に問いただしたいくらいです。

このまま、また安定してくれればいいのですが…


↓元気の源です。更新応援クリックお願いします。
人気blogランキング『メンタルヘルス』





Comment


こんにちは、うつをです。
かなりしんどいトラウマですね。言葉が見つかりません、ごめんなさい。
大波が引いてくれて、良かったですね。
ゆっくり休んで下さいね。
また、遊びに来ますね。

>うつをさん
すいません、レス遅れました!
主治医曰く、まだ安定してきて(先日堕ちましたが)そんなに日が経っていないので、トラウマには触れてはいけないんです。これでも、当時のすべてを表現したわけじゃないんです。前ブログも苦しすぎて、途中で書けなくなりましたし。

言葉が見つからないなんて・・・、こうやってカキコしてくださるだけで、私はすごくうれしいです。

大波はやっと引いてくれました。
ゆっくり休めるのは実家ではないので、友達に会ったり、しばらく相方の元に行きます。そこで次の診察日までゆっくり静養しようと思います。

うつをさんもGWゆっくり休んでくださいね。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。