医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/05/07(日) 00:06:26 [うつ病闘病記]

結局、昨夜は泣きましたよ、ええ、泣きました。
友達は病気のことは関係なく接してくれる子です。…っていうか、私はいっぱいいっぱいの時にお酒を飲むと、かなりの確率で泣くので、放置してくれてました(笑)

人気blogランキング『メンタルヘルス』

「わざわざ本見なくてもいいのに。隠しとけばよかったかな?」
と言ってくれました。

いや、いいんよ。
試してみたかったんよ。
今の自分がどこまで回復したか。本業の教科書開いてみて、自分がどう感じるか。

今回の涙は、実習のフラッシュバックの恐怖から来る涙ではなかった。

純粋な「悔し涙」だった。やっぱり復学は無理だったな、今年の休学を選んだのは間違ってなかった。
諦め時が近づいているな、と認めざるを得ないこと。万が一、戻ることになるとしても、まだまだ年数が必要なんだろうな、と痛感しました。

フラッシュバックが起こらなかったのは、進歩です。
確実に回復してきてはいる。
それが実感できたのは、昨日この友達に会えて、泊まらせてもらったおかげ。

ありがとう。
私はぼちぼち生きていく。
また遊びに行くわ。

そろそろいい人見つけろよ(笑)
しあわせになってね。
患者さんをいっぱいしあわせにする手助けをしてあげてね。

決めた。
私は何か違う方法で医療に対して訴えていきたい。
この悔し涙を無駄にはしない。


↓更新応援クリックをぽちっとお願いします。
人気blogランキング『メンタルヘルス』




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。