医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/11/30(水) 23:00:48 [うつ病闘病記]

今日で11月も終わり。
毎年思うことだが、もうそんな季節か。。。って感じがする。
今年は昨年以上に外出できない時が多かったのと、引っ越して実家に戻ってきて、またこれまでの4年半の環境とは異なるところにいるからってこともあるのだろう。

気がついたら季節が変わっているってところだ。

人気blogランキング『メンタルヘルス』
今日は昨日の調子良さとは一転、眠気を一日中引きずっていた。
ベッドに突っ伏していること多し。

それでも家の人たちの前ではそんなに調子悪くないことをアピールしてみる。
早く新ブログとサイトを立ち上げたいのだが。。。そんな日に限って母が仕事休みで家にいたりして、なぜか自分のペースが狂う。
母が休日の時に、偶然天気が悪い日が多いことも関係していそうだ。

頓服セニランは2回投入。
夏の一時期はセニランの力を借りなくても気分が下がりまくることはなかったが、秋~冬の始めになってからは、頻繁に服用するようになった。

ドクターからも頓服は積極的に飲んで良しとのお達しがあるので、家の人の目を避けるようにしながら服用する。

それにしても、抗うつ剤のパキシル40mgだけで1日元気に乗り切れることはほとんどなくなっている。
私には冬季うつ病(季節性うつ病)の気もあるのでは?と思うことがある。
元々寒いのが苦手だし、可能性はあるのだろうなぁ。


ネットは無線LANの調子が悪く、深夜のブログ巡回は途中で断念。

借りている小説でも読もう。

今日は市川拓司の「世界中が雨だったら」。借りてみて初めて短編集だと知った。
どうしてか、私が借りる小説には精神疾患に関わる内容が含まれていることが多い。特に下調べをしたわけでもないのに。

これまで小学生以来、読書感想文の時以外に本を読むことなんてなかったのだから、これが偶然なのか、必然なのかわからない。

自分がこういった内容の文章を欲しているのかもしれない。それとも、最近流行のテーマなのだろうか。まぁ、そんなことはどうでもいいのだけど。

自分でも小説書いてみたいものだ。…なんてできるわけないが(笑)
ここに自分が生きているという証を残しておくだけで精一杯。


↓『メンタルヘルス』 部門へのランキングです。他のうつ病患者さんの闘病記も読んでみませんか?
人気blogランキング『メンタルヘルス』




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。