医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/05/17(水) 21:30:33 [うつ病闘病記]

何だか昨日、今日と元気がありません。
いろんなところに行き、友達に会い、いっぱい充電してきたハズなのに、もう既にあんまり気分はよろしくありません。

現在の状況は・・・
 ↓
 ↓
 ↓

人気blogランキング『メンタルヘルス』

・in布団withパソコン&本(昨日からほとんどずっとこんな感じ)
・主婦業廃業疑惑(自分の着るものがなくなるので洗濯するくらい。)
・食に対する欲求低下。(単に作るのがおっくうで面倒。ここ数日はすべて相方に頼っている。)



明らかに堕ちてきてます。
あさって実家に帰らないといけないからかもしれません。
うつ病っ子のメインのお薬のSSRI(パキシルさん)がなくなるとヤヴァイ状況になることは目に見えています(どうなるのかは怖くて未経験なので具体的にはわかりませんが、数日で何らかの断薬症状が出てくるのは間違いないでしょう)。
だから、どうしても実家に帰って、クリニックに行かなくちゃいけないんです。

主婦業廃業はやはり相方の想定内だったらしく、特に怒られることもないのですが、怒りたいのを我慢してるんじゃないかと不安になって、何度も何度も
「ごめんなさい。ごめんなさい。怒ってる??腹立つなら怒っていいんよ。」
と言っています。
いちおう、これまでの経験上、こういうことで相方が怒ることはないだろうと思っているのですが、私が堕ちてきているからでしょう。

『見捨てられ恐怖』

この感情がすごく大きくなってきているのがわかります。
これに私の言動・行動が支配されている気がします。
退行と言っていいのかはわかりませんが、この 『見捨てられ恐怖』 が大きくなると、決まって相方に甘えまくりです。
その時の私はまさに、ガキんちょそのものです( ̄▽ ̄;A
でも、この甘える行動はうつ病と診断される前からあったんです。


そう思うと、私のうつ傾向は一体いつから始まっていたのだろうかと、怖くなってしまいます。
自分でも完全に 「壊れた」 と思ったのは、右サイドバー最上部にある通り、約2年前です。

こういうことってあんまり深く考えない方がいいんだろうなぁ・・・

昨夜は筋トレ(ダイエット兼ねて)するくらい元気だったのになぁ。

お酒飲もうかなぁ。。。
実家内では禁酒を決断したんです。実家で飲んでも全然楽しくないですからね。だから夜、みんなが寝た頃を狙ってひとり酒を楽しんでたんですが、これが母にバレ(母的に考えると)、実家でのわずかな楽しみのひとつを奪われてしまいました。食事中のお酒は母的にOKらしい。矛盾ですな。私はひとり酒しても、少し酔いが醒めてから寝ます。あの人ほんまに意味わからん。

もうスグ、外に友達と飲みに行ったりする以外は全くお酒を飲まない生活にするので。

私のうつ病がもう少し良くなれば、生活の基盤を相方家に移してもいいかなぁなんて、相方の許可なく考えていたりするんですが。
地元にも捨てがたいものはありまして。
やっぱり友達が多いし、相方家周辺よりも便利だし、土地勘あるし。


なんだかまとまりのない文章になってきました。
ちなみに今はノンアルコールですよ。

相方が今週から3交代制の勤務になったから、せっかく慣れてきたここでの生活リズムも少し乱れたのかもしれません。
天気が悪いからかもしれません。
梅雨の走りですか??ってくらい天気が悪い日が多いような気がする今日この頃。
五月晴れって言葉はどこに行った~!?


↓元気の源です。更新応援クリックをぽちっとお願いします。
人気blogランキング『メンタルヘルス』




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。