医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/05/21(日) 17:09:59 [うつ病闘病記]

20060521170959
実家のベランダで洗濯物を干していたら見つけました。
花の周囲を見ていただければわかると思いますが、何とも言い難い、枯れているようなサボテンです。

でも、案外カワイイ花を咲かすものなんですね。

見た目だけで判断しちゃいかん典型例ですね。

人気blogランキング『メンタルヘルス』


ぱっと見はキツそうなトゲトゲしい人でも、話してみたら、すっごい優しかった…。
こんな経験、多くの人がありますよね。私も何度もあります。

私は以前(今でも!?)、特に第一印象がコワイ系・イカツイ系だと、よく冗談で(本気かも(笑))言われてました。
実際は…そんなことないですよ!!?

でも、しょっちゅう怖いとか、イカツイとか言われると、正直なところ、ボディブローくらってる感じで弱っていってたのです。


私は…

弱いです。
強がりです(自分の弱みをなかなか見せられません。)。
(案外!?)けっこう泣きます。



…だから、極度のストレス下かつ睡眠不足下におかれると、うつ病を発病してしまったんだと思います。


それ以来、人を噂や第一印象だけで判断すること、自分の価値観だけで人を判断することが、どれだけ相手に対して失礼であり、傷付ける行為であるかを痛感しました。

『見た目』 は、あくまでも 『その人の外側』 でしかないんです。

特に実習など、1~2ヶ月という短期間で特殊な環境では、その人の本質がわかるかどうかなんて、怪しいものだと思います。
私たちのような医療系学生だけでなく、指導するスーパーバイザー(実習指導者)や養成校の教員も、学生の本質を見る目をもってほしいと、私は常々思っています。

患者さんだけでなく、学生に対しても多面的に見ることを忘れないでほしいです。

今は実習シーズン真っ最中の医療系学校が多いことでしょう。
私のように病で倒れる人が一人でも少なくなることを願ってやみません。。。


↓医療系学校の学生が無事に実習を終了させることを願う方、更新応援クリックお願いします。
人気blogランキング『メンタルヘルス』




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。