医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/12(月) 19:42:34 [うつ病闘病記]

過去記事「本日休養日(6/1)」 のある事件について、ようやく書いてみることにします。

やっぱ、うちの家は病んでますよ~

↓ランキング上昇は元気の源です。
続きの前にぽちっとしてあげてくださいm(_ _)m
人気blogランキング『メンタルヘルス』


以下、ある事件の起こった直後に、ノートに書いた内容を一部改変しています。

 ↓
 ↓
 ↓

お酒解禁in実家。
飲んだのは発泡酒350ml1缶と、カクテル350ml1缶のみ。
決して多すぎる量ではない。しかも、早く入浴して早めに飲み始めた。

それなのに、なぜ文句を言われなければならない!?
弟に頭をグーで殴られなくてはならない!?しかもそのグーは、明らかに中指の部分が突き出ていた。殴られたのとほぼ同時に、「お前いい加減にせぇよ!殺すぞ!」 とも言われた。
なぜ、この程度で言われなくてはならない!?
殴られなければならない!?

カクテルは、先日私が懸賞で1ケースを当てたもの。
発泡酒飲んだのが腹立つなら、親に140円払いますよ!

…でも、弟にお金について言われる筋合いはない。
アナタのギャンブル依存は何ですか?
少し手元にお金が入ったらすぐにスロットなどに行く。
元をとって帰って来るならまだ大目に見たとしても、全部すって帰って来ることもしばしば。
お金をすべてスロットなどで増やそうとしているお前の行動こそ何なんだ??
弟よ、アナタもパニック障害で苦しいのに、アルコール依存症の父の話し相手を母の代わりにしてあげていることはスゴいことだと思う。

だが、それとこれとは話が違う。
私は主治医から飲酒の許可はされている。
しかも、飲むのは、週に1回や2回で、「こんな家で1週間過ごした自分にお疲れさま!」って意味で飲んでいる。
このどこが悪い!?
私はとっくにハタチ過ぎてんだぞ!高校生とかじゃないやぞ!
母も、お酒に関しては偏った考え方を有しているが、狂ったように殴ってきた弟にはびっくりするとともに、失望した。
オヤジには、同じようにはいえないくせに。酒を取り上げようとはしないくせに。ここで弟にオヤジの分まで要求するのは荷が重過ぎるとは思う。
1番の責任者はオヤジ本人。
2番目の責任者は母。母はオヤジに対して過度の飲酒に対して強くは言えない。いつもそうだ。

その分、今は私に八つ当たりの矛先が向いているように思う。
私は2日酔いだけでも嫌なタイプの人間だ。
そんなに大量に飲んだらどうなるかは、オヤジと祖父の様子を見ていれば容易に想像できる。そんなに毎日大量に飲むわけがない。

1日も早くこの家から逃げ出したい。
私は私の人生。弟は弟の人生。互いに不可侵のハズだ。

私は自分の人生を大切に生きる。
もうこの実家には極力関わりたくない。
早くここから逃げ出したい。
そのために、早くうつ病を治して(安定させて)、経済力をつけたい。
相方の元に行きたい。

ここには私の居場所はない。




↓更新応援クリックよろしくお願いしますm(_ _)m
人気blogランキング『メンタルヘルス』






Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。