医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/12/16(金) 23:41:02 [うつ病闘病記]

もう今年最終の受診日となった。
次回は1ヵ月後。ネットとかで見るに、医師から見て比較的安定している人は、次の受診は1ヵ月後って人が多いみたいだ。

主治医に実習配置決定のことを伝える。
そして復学の意思の有無は来年2月末までに学校に伝えればいいらしいということも報告。

そして主治医は・・・

人気blogランキング『メンタルヘルス』
「とにかく2月の時点では復学の意思はあることにして、4月とか(実習は6月から1ヵ月半)実習直前に実習参加・修了ができない状態ならば、そこで休学届けを出せばいい。」
とおっしゃってくれた。

このことすら私は思いもしなかったことだ。
私の中では、「復学=実習参加=学費発生」の図式しかなかった。

こんな些細なことでも、自分の考え方の視野がうつ病発症以前よりも狭くなっているのを感じる。
いや、うつ病発症以前もそうだったから、うつ病になってしまったのかもしれないけど。

帰宅後、また、ドグマチールの副作用の乳汁漏出がなくならないことを主治医に伝えるのを忘れてた。。。orz
ドグマチールはもう今年の6月初めには服用を中止しているのに、半年経っても副作用が残っているのはおかしいのでは?と思いつつも、痛いとか、苦しい副作用ではないので、ついつい毎回伝えるのを忘れてしまう。

次回こそはメモを持って受診しよう。



私はふと思った。

「学費が発生するギリギリのラインを確認しておかなければ」

無駄な学費はもうこれ以上1円も払えません。


↓『メンタルヘルス』 部門へのランキングです。更新応援クリックをぽちっとお願いします。
人気blogランキング『メンタルヘルス』




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。