医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/12/27(火) 23:48:37 [うつ病闘病記]

22時。
禁断の初セニラン(2mg)3錠目に突入(Dr.の指示では今のところ1日2回まで)。


昨日は久々に頭がすっきりしていてサクサク動けたし、家事もいつもより難無くこなせた。

今朝はAM6:30頃に一度起床し、空腹を感じたからパンを1コ完食。さすがに早いからと2度寝。

午後からは、昨日から母に頼まれていた買い物に近所のスーパーに行く予定だった。
朝のこの時点では、気分も昨日に続いてよかった。

人気blogランキング『メンタルヘルス』
なのに、2度寝以降、そこから全然起きられない。
何度か起きようとしたが、体が動かない。いや、動けない。
ベッドからコタツに移動するので精一杯。
トイレにもなかなか動けなかった。

途中、14時頃に目を覚まそうとリポビタンDを飲むも、効果は出ず。
その後、15時頃にセニラン2mg1錠を服用して仮眠を続けるも、改善は見られず。


結局、今日の外出は無理と判断。
どうにか夕方5時前に母にメールして、買い物は母に頼むことに。
そして2回目のセニラン服用。少し気分は楽になり、帰宅した母との会話は可能に。

5時半過ぎに帰宅した母は、意外にも私に対する落胆や、怒りの様子はなかった。

「どうにも動けなかった」
と言い訳する私に対しても、全く怒らなかった。
どうしたことだろう。年末は(毎年のことだが)、母はどうしてもパートの仕事がむちゃくちゃ忙しくなる。年末だけのバイトの人に対するイライラも時にはあるようだ。
もちろん、正社員の上司に対しても。みんなピリピリしがちらしい。

数日前にも、母は「胸焼けがする」と胃薬を購入して服用していた。
弟によると、ここ数年はこんな感じのことが多いという。

もう10年も続けている仕事とはいえ、母の年齢を考えると、連続勤務で体調を崩しやしないかとここ数年、私も心配になっていた。

今年は特に、ずっと実家にいる以上、療養中の身とはいえ、4年半の一人暮らしの経験を生かして、家事くらい手伝えればと思っている。(それでも、最近調子の悪いことが多く、ほとんど何もできない日の方が多かったのだけれども)



それにしても・・・


私自身、さすがに、昨日と今日との症状の反動には驚いた。

夜になった今もまだ動きは鈍い。


うつ病の波は、この病気が完治するまでは、決して軽視してはならない。
そう改めて実感した1日だった。

↓『メンタルヘルス』 部門へのランキングです。他のうつ病患者さんの闘病記も読んでみませんか?
人気blogランキング『メンタルヘルス』




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。