医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/06/24(土) 19:09:21 [うつ病闘病記]

※この記事はシリーズ物です。

強力な協力者現る!(1)」、「強力な協力者現る!(2)」 を先に読んでください。じゃないと訳がわからないと思います。

とにかく、看護師Kさんが現在受講している通信教育の資料を見せていただくことに。

その資料を見ながら、通信教育の説明をしてくださっていました。
そして、話はどんどん核心に迫っていきました。。。


↓ランキング上昇は元気の源です。
続きの前にぽちっとお願いします!m(_ _)m
人気blogランキング『メンタルヘルス』

↓新たにランキング参加しました。
こちらもぽちっと応援クリックお願いします!m(_ _)m


※医療系の方、一応フラッシュバック注意です。


私のこれまでの経緯を改めて自分の言葉で話しました。

・ 2度の実習中止(2留決定)。
・ 学生にとって(中には一部の教員も感じている。)キツイと言われている実習先がいくつかある。


・ 実習中止になる学生というのは、(さまざまな理由によって)1学年に数人は出てしまうことがある。
・ 私の学年の1つ上の学年にも、数人ほど体調不良などで途中でリタイヤしてしまい、再実習をせざるを得なかった方がいた(要するに留年)。
私が実習配置された実習先(長期実習には3ヶ所行くことになっている。)には、前年度リタイヤ者が出た実習先が2ヶ所もあった。
・ また、上記のような配置をした理由は、私に一切説明されなかった。私が不安に思っていることに対しても、他の学生から聞いていて知っているハズなのに、実習前のフォローは全くなかった。
現場の某医療従事者が学生1人を1人前に指導してよいSV(スーパーバイザー;実習指導者)になるには、現在のところ、○年間の実務経験のみでいいこと。
・ 2ヶ所目の実習先が、私がうつ病になった根本原因であるだろうこと。
・ その2ヶ所目の実習の1週目で、「睡眠時間を与えないほどの量の課題を要求され、体調を崩し、きつい。」 と、パニック状態に近い状態で泣きながら教員に訴えたが、実習地訪問(実習のほぼ中間の時期にある)を早めるなど緊急措置はなかった。
・ 実習は前期の授業の単位になるのだが、この学校には後期(実習をする時間はなんとか取れるはず。)に卒業論文は書けるのに、追加実習という制度はない(学校によっては、追加実習をするところもいっぱいある。)。


・ 留年決定後、授業の単位ではない国家試験のグループ学習に、次年度の実習に向けてモチベーション維持と、知識量を増やしておくために参加させてほしい、と希望したが、何度も何人かの教員に呼び出され、「キミ達学生同士でモメてほしくない。」 とか、「2回も国家試験の勉強をする必要はない。」 などという、意味のわからない説得を何度もされて、結局参加させてもらえなかった。 → その後、うつ状態悪化し、春先までほぼ引きこもり状態になった。春まで、何のフォローもなし。
・ 再実習先の希望調査を面談で行う、と言っておきながら、面談などまったくなく、突然のケータイへのメールで発表された。
・ 教員からの連絡はどんなに重要な内容でも、常に、すべてPCからケータイへの連絡しかしてこないこと。
(個人情報の入りまくっている)誤配メールが届いたこと。しかも、私がそのことを指摘するまで、その教員はまったく気づいていなかった。


・・・などなど、他にもいっぱいあるが、これ以上あんまり詳しく書くわけにもいかないのでご勘弁を。

そして・・・、

学校側から何か連絡がある度に、私の調子が悪くなること。



これらのことを、他の話もしながら、少しずつKさんに話しているうちに、思わず涙が出てきてしまった。大泣きするようなことはなかったが。

一通り、話をKさんが聴いて下さった後、看護師Kさんのご意見を聴くことになった。。。

さらに、「強力な協力者現る!(4)」 に続く。。。


↓ランキング上昇は元気の源です。
更新応援クリックをぽちっとお願いします!m(_ _)m
人気blogランキング『メンタルヘルス』

↓新たにランキング参加しました。
こちらもぽちっと応援クリックお願いします!m(_ _)m







Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。