医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/07/18(火) 03:47:51 [うつ病闘病記]

それまでも友達と会ったり、相方に会ったりする度に、後で(次の日以降)エネルギー使い果たしてぐったり。

ぐったりならまだしも、完全に堕ちてしまったりすることがありました。
それも数日間も。

誤解のないように言っておきますが、私は決して、断じて、友達や相方と会ったり、遊んだりするのが嫌なわけではありません!
それどころか、遊びにすら行けない時期があったので、喜ばしいことなのです。
その場その場では、心から楽しんでいるんです。


そんな日々を送っていたのですが・・・、
7月7日(金)に腹痛&嘔吐&微熱が身体症状として出現しました。
確かに、その前の週末には(うつ病治療中の私としては)けっこうハードに動いていました。

だから、はじめは夏風邪でも引いたのだろうと思って、おとなしくしていました。
抗うつ剤など服用しているので、風邪薬は一応飲まないことにして、整腸剤だけ服用していました。

それなのに・・・

↓このブログ、現在は何位でしょうか?
続きの前にぽちっと応援クリックお願いします!m(_ _)m


↓ランキング上昇はyupuの元気の源です!
こちらもぽちっとお願いします!m(_ _)m
人気blogランキング『メンタルヘルス』



何日経っても、
微熱だけは下がりません! _| ̄|○

お腹の調子はスグに回復しました。
食欲もスグに復活しました。

しかし、微熱だけはずっと37度前後をキープし続けています。(平熱は36.2~3度くらい)

もちろん、今現在もです。
不思議なことに、気分の落ち込みや意欲の異常な減退など、精神的な症状はほとんど見られません。

2年前にも、ほぼ同時期に微熱が下がらなかった時期がありました。
それは、実習に行けなくなって、はじめてうつ病だと言われ、学校近くの当時一人暮らししていた家に強制送還された頃でした(1度目の実習中止)。



…で、今回の受診では、このことをメインに主治医に相談しました。

時期的なものもあるし(2度の実習中止の経験・梅雨・急に暑くなったり…)、他に風邪っぽい症状もないということで、

「うつ病の身体症状としての微熱の可能性が高い。」

と、いう主治医の見解でした。


ふーーーー! ε- ( ̄、 ̄A)
とりあえず一安心ってところです。

でも、一応次の診察時もまだ微熱が続いているようなら、一度血液検査をして、CRP(炎症反応がある時に上昇する値)や白血球数を調べてみようか~!?って言われました。 (ーー;)

そして、
「次の診察までは、できるだけおとなしくしているように。(体温変動が一日の中であるのは当たり前なので)体温を測るのは1日2~3回までね!」
…とのお達しを受けました。。。 _| ̄|○


バスケもしばらくおあずけです。
何か他に悪い病気でもあったらいけないんでね。
せっかく精神的には元気になってきているだけに、まどろっこしい・・・!

とにかく、親には、様子見だと伝えとけ~となっています。
なぜなら・・・!?

それは、また次の記事にでも書きましょうか。
毎度のことですが長くなったので。


↓このブログ、現在は何位でしょうか?
ぽちっと応援クリックお願いします!m(_ _)m


↓ランキング上昇はyupuの元気の源です!
こちらもぽちっとお願いします!m(_ _)m
人気blogランキング『メンタルヘルス』




正直なところ、ここ数日は、この微熱状態にも身体が慣れてきてしまっています。

そして、おとなしくしていろと言われていますが、明日は相方とデート(笑)ですが何か??
おとなしくデートしてきますw
うつ病の子らしく、ややテンションを下げ気味で。。。(笑)




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。