医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/07/20(木) 19:54:03 [うつ病闘病記]

前の記事 : 「診察日(7月11日):微熱について」 の最後の方で・・・、

「親には、微熱の原因はうつ病の身体症状の可能性が高いことは、あまり触れないように伝えた方がいい。

と、主治医からアドバイスがありました。


その理由についてですが・・・、

↓このブログ、現在は何位でしょうか?
続きの前にぽちっと応援クリックお願いします!m(_ _)m


↓ランキング上昇はyupuの元気の源です!
こちらもぽちっとお願いします!m(_ _)m
人気blogランキング『メンタルヘルス』



やっぱり、両親に 「微熱は精神的なストレスが原因」 と伝えたところで、
結局私にとっては、更なるストレスが蓄積してしまうことに成り兼ねないのです。


そんな微熱なんて気力の問題だ!
このような態度が見え隠れする対応が家族からなされるのです。



確かに理解しにくいことだと思います。
はじめは、私自身でもこの自分の身体の不調が精神的なものが原因だなんて認めたくなかったのですから。。。

ですが、 これは事実 なんです。
うつ病になって、微熱が下がらなくなることはよくあることなんだそうです。


完全に理解してくれとは言いません。そんなことは誰にもできないことなのですから。
うつ病をはじめ、あらゆる疾患は、実際に自分で罹患しないと理解しにくいことです。

完全理解なんて言葉はこの世の中にないと、私は思っています。
そんなことは傲慢だとさえ思います。


これを読んでいてくれる方々にお願いです。
あなたの大事な人を、無知・無理解から来る安易な言葉で、不安にだけはしないでください。
精神的に追い詰めないでください。

安易な言葉を投げかけるくらいなら、黙ってその人のそばにいてあげてください。

それだけでいいんです。

言葉はなくとも、近くにアナタがいてくれることで、精神的に追い詰められている人々は少しでも落ち着くのです。


これらの言葉は、私自身にも常に投げかけていたい言葉です。
忘れてはならない言葉です。



↓このブログ、現在は何位でしょうか?
ぽちっと応援クリックお願いします!m(_ _)m


↓ランキング上昇はyupuの元気の源です!
こちらもぽちぽちっとお願いします!m(_ _)m
人気blogランキング『メンタルヘルス』



うつ病、躁うつ病、パニック障害、強迫神経症、統合失調症、社会不安障害、などなど・・・私も不勉強なことがいっぱいですが、共通するのは、 「気力ではどうにもならない」 ということだと思います。




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。