医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/02/27(月) 23:09:51 [うつ病闘病記]

昨日書いていた、学校の先輩に初めて(!?)お会いました。
初めてって言うのはおかしいのかもしれないけど、直接会って会話するのはたぶん初めてでした。

先輩との約束にも関わらず、約束の時間にしっかり遅れてしまった学生時代(今もやろ!というツッコミはナシでお願いします。)と同様の遅刻魔の私です( ̄▽ ̄;A

人気blogランキング『メンタルヘルス』
こういうのって言い訳がましくて、私は大嫌いなのですが、今日は昨日のバスケ試合観戦に引き続いての外出だったのがちょっとばかしきつかったのか、朝に起床してからの動きが悪く、早く動きたい自分の気持ちとは裏腹に、なかなか体は動いてくれませんでした。
それで、結局は、ちょい遅刻になってしまったのです。ホンマに自分の言うことを聞いてくれない身体と脳に腹が立ちます。Nさんごめんね。

そんな私に対しても、優しく接してくれた先輩Nさん&急遽参加のSさん、楽しい時間をありがとうございました。
かーなーり貴重な体験でしたよ♪


ここ最近、全く泣いていないことはなかったんですけど(泣いたと言っても、実家のお風呂の中でとか、ベッドに入ってからちょっと涙した程度で。)、もう、去年の今頃や、同期の卒業式や謝恩会2次会以降とか、あと、今年度の実習中止の件で、泣きすぎて、それなりに涙は枯れきってしまったのかと思っていたんですよ。

それがまさか今日泣いちゃうなんて思いもよらなかったので、しかもあんなに自分の醜い部分を話してしまうなんて思ってもみなかったので、ホントにごめんなさい。テキトーに忘れて下さいね!


学校側が言う、「前例がない」を、変えられるようにできるよう、どうにかあがいてみます。

やっぱりこのままじゃ納得がいかない!!!
先輩方の話を聞いてみても、やっぱりこのまま終わる(退学する)のは悔しい。

今後、この医療関係従事者にどんな目で見られようとも、もし、結果的にこの学校を去るにしても、何かを変えたい。このままの制度だと、いつか崩壊するかもしれない。

本当は失いたくないけれど、ここまできたら、この際なら今まで一緒に学んできた友達や先輩…を敵に回してしまっても構わない。

もし失ったら、そこまでの関係だったと思えばいい。

いつか、必ずこの業界の何かを変えたい。いや、変える。
泣かされ損はもうこりごりだ。


■今日の服薬
午前中:セニラン(レキソタン)2mg1錠
PM9時半頃:パキシル40mg
AM1:00頃:セニラン2mg2錠、ガスリックD20mg1錠

↓『メンタルヘルス』 部門へのランキングです。他のうつ病患者さんの闘病記も読んでみませんか?
人気blogランキング『メンタルヘルス』




Comment


yupuさんへ。

yupuさんの理想を現実に変えるために、
少しずつで良い、
少しずつ、少しずつ、
現実を理想に近付けていってください。

大丈夫。
仲間はいるから。
時間をかけて、ね。

ありがとうございます。
ゆっくり焦らず、理想を現実に近付け…きっと時間はかかるだろうし、エネルギーもたくさん必要だろうけど、少しずつ進んでいきます。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。