医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/08/10(木) 02:14:57 [うつ病闘病記]

恥を承知での情けないアルコール依存症オヤジシリーズの最終記事です。

参考記事 : 「アルコホリックの大嵐」、「アルコホリックの醜態」、「アルコールに呑まれる親父


さて、私に対して怒鳴るに怒鳴ったオヤジの八つ当たりという怒りの矛先は母に向かいました。

母は今までなら、無駄な言い合いにつながる反論しかできず(具体例をうまく表現できないので詳細は書けなくてゴメンなさいm(_ _)m )、オヤジの言うままに従っているという感じでした。

今回は久々に目の当たりにしたアルコールに呑まれたオヤジの大爆発でした。。。


一体、母はどうやり過ごすのか・・・??
私はベッドでうなだれたままその様子を伺っていました。


↓続きの前に、ぽちぽちっと更新応援クリックお願いします!m(_ _)m
人気blogランキング『メンタルヘルス』



一言で表現すると・・・

今までとは違う母の姿を見た!

…というところでしょうか。


正直びっくりしました。
『私と弟の今のメンタルヘルスの問題は、もちろんお前の責任だ(お前がちゃんとしていないからだ!)!』
『子育ては俺には全く責任はない!!』
『俺が稼いでやってるから、お前が他のことすべてをするのは当然だ!』
× 数十回・・・


…などと怒鳴るクソ親父に対して母が、私が記憶にある中では生まれて初めて、マトモに私達を守ろうとしてくれる発言をしてくれたんです!!!

何十分も言い合いしているうちに、あまりに酒に溺れる夫にさすがに母も情けなくなってきたのか、(ドラマとか、ドキュメンタリーとかテレビを観て感動して・・・という涙以外)これまた初めて、母がマジ泣きするのを聞いてしまいました。

私も寝たフリをしながら涙涙です。
母が変わってきてくれていることが嬉しくて仕方なかったんです。
(まぁ、相変わらず、普段の小言は今でもありますが。。。)



マトモに反論されたことが悔しかったのか、アルコホリック親父は、遂には、会社のグチを怒鳴りまくっていました。。。_| ̄|○

近所迷惑すぎる・・・・ _| ̄|○ _| ̄|○


そして最後には箸を握ったままテーブルをグーでガンガン殴っていたので(お前はガキンチョか!?_| ̄|○ )、テーブルにヒビが入っていました。(元々そんないいテーブルではなかったので、確かに殴りつけたら割れますが。。。)


もう完全に醜態です。
みっともない。
これでも、あのクソ親父はうつ病経験者なんですよ。(10年以上前の話だが。。。)
だから私にも、うつ病の知識が多少あったのです(当時、うつ病の本読みましたし。)。
その経験がありながら、アルコールに呑まれると親父はこんな風になってしまうのです。
今回のは、数年ぶりのかなり強烈な爆発でしたが。


こういうことがあるから、私はこの家が嫌いなんです(愛ネコ以外。)
自分のうつ病の治りが悪いとも思うのです。
まぁ、近い将来出て行きますから。

受け入れてくれる人がいますから。
家族よりも私のことを理解してくれている人がいますから。



↓ぽちぽちっと更新応援クリックお願いします!m(_ _)m
人気blogランキング『メンタルヘルス』


【追記】
なんと、次の日オヤジはあれだけ爆発して、罵声・暴言を吐きまくったことを覚えていなかったようです。

夜、弟に、
『なんで、お母さんあんなに怒ってるんや!?』

…と、とんでもないことを口走ってましたから。。。 _| ̄|○

当たり前の教訓 : 酒は飲んでも呑まれるなっっ!!!




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。