医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/08/29(火) 17:58:28 [うつ病闘病記]

遅くなりましたが、先日の診察について。

↓続きの前に、ポチポチっと更新応援クリックお願いします!m(_ _)m
人気blogランキング『メンタルヘルス』



今回の受診は、急に時間変更してもらったので、予約外の受診となりました。

やっぱり、週末の夕方診療は混んでました。。。 orz
軽く2時間は待ちました。
予約時間はできるだけ守ろうと改めて思いました。
他の患者さんにも迷惑がかかるのでね。

今回はICレコーダーと手帳を忘れたので、あいまいな記憶の中から引っ張り出して診察を受けました。


・ 今回のクールは特に目立った体調の悪化はなく、ほぼすべて私の想定内の体調の変化で済んだ。
 → (主治医)やっぱり実家よりも相方くんのところにいる方がストレスが少ないようですね。

・ 前半は飲み会とかがけっこうあって、久々に会う友達や先輩もいて、精神的に疲れてしまうかと思ったけど、むしろ元気をもらえたような気がする。
 → (主治医)それは本当によかった。無理をする必要はないですからね。

・ ようやく覚悟ができたのか、前日、自分の学校関連のことを調べたりしても、フラッシュバックや気分が悪くなったり、堕ちたりすることがなくて自分でもビックリした。
 → (主治医)それは良い傾向ですね。このまま維持していきましょう。

・ 今回は急に予約時間変更してすみません。頓服のセニラン(レキソタンのジェネリック医薬品)は余ってるんですが、やっぱりメインの抗うつ薬パキシル(SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害剤)がなくなるのは、断薬症状が出そうで怖かったんです。
 → (主治医)パキシルの断薬症状は出る人はすごく出るからねぇ。症状は本当に人によって様々で、多彩な症状が出ます(だいたい2~3日服用しないと出てくることが多い)。また、パキシルのセロトニン再取り込み阻害効果がなくなると、またうつ状態・うつ症状が出てきてしまうこともあるので、断薬症状と再燃との判断は難しいのですが。頓服のセニランは服用回数が減っているようですね。実家にずっといる時よりも安定してていいですね。

(主治医)外出はどうでしたか?
 → (私)相方の仕事の関係上、私と真逆の生活をしていたし、土地勘もまだないので、あまり無理に外に出ようとはしませんでした。

(主治医)相方家ではどうしてましたか?
 → (私)食事は正直作っていません。2人分なので半額のお惣菜とか買った方が安くつきそうだから、無理に作らなくていいよ、と相方が言ってくれたので。。。部屋があまりに掃除されてなかったので、掃除はしました。帰るときには、来た時よりもキレイにできてました(笑)あと、洗濯も毎日できました。

(主治医)しばらくは(私の学校のことがスッキリするまでは)こうして行ったり来たりの生活がいいかもしれませんね。yupuさん、相方くん、yupuさんの家族にとっても。。。
 → (私)私もそう思います。しばらくはこんな感じで生活するつもりです。

(主治医)寝つきはどうでしたか?
 → (私)お酒を飲んだ日も多かったので、あまり服用しませんでした。でも、前回のクールよりは寝つきは良くなってます。
 → (主治医)じゃあ、一応、1週間分だけ、お守りって感じでレンドルミン出しときますね。


まぁ、こんな感じで今回の診察は終わりました。

一応、眠剤のレンドルミンが少しだけ減薬!

ということにしときます♪


長文にお付き合いいただきありがとうございました。
↓最後にポチポチっとクリックしてくださったら嬉しいです♪
人気blogランキング『メンタルヘルス』





Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。