医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/09/04(月) 02:56:07 [うつ病闘病記]

前記事 : 「やばい。しんどいよ。」 を書いた後に、耐え切れなくなって、頓服処方されている抗不安薬セニラン(レキソタンのジェネリック医薬品)2mg1錠を飲みました。

ここで、ちょっと言っておきたいのですが・・・


↓続きの前に、ポチポチっと更新応援クリックお願いします!m(_ _)m
人気blogランキング『メンタルヘルス』



私は薬否定派ではありません!

むしろ、

『適切な量の薬はメンタルヘルスの治療において必要なもの』

…と認識してます。
それだけ(薬だけ)ではうつ病の再発のない完治は難しいだろう
ということも理解しているつもりです。
私には、近い将来、認知療法が必要になってくるのではないかなぁ??
と思っています。
簡単に言うと、 『考え方・捉え方の改善』 ってところですね。



先日、たまたま友達と話していて、

「yupuは薬の量にこだわっているの??」

…と聞かれたので、
このブログを読む限りは、読者がそう感じる書き方をしていたのだなぁ~
と知ることができました。

○○ちゃん、ありがとうっ!



私がよく、頓服の服用回数が減ったとか、増えたとか書いているのは、
ただ単に、自分の体調のバロメーターの一つとして書いているだけなんですよ。


皆さんが客観的に見てもわかりやすいかなぁ~?
と思って書いているのです。

だから、頓服処方のセニランの服用回数が増えたとか、
眠剤レンドルミンが処方されたとか書いていても、本人はそれほど
気にはしていませんのでご安心ください。


今回はちょっと本気で、またうつ病の波が押し寄せて来たかと思いましたが、
頓服セニラン(レキソタン)のおかげで、しんどさは最小限に抑えることができたようです。

ほんっとうにセニラン様、
いつもお世話になってます! m(_ _)m



↓いつもクリックありがとうございます。
今日もポチポチっとよろしくお願いします。 m(_ _)m
人気blogランキング『メンタルヘルス』





Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。