医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/01/04(水) 10:34:28 [うつ病闘病記]

オヤジは今日から仕事始めだった。

正直ホッとした。あやつは昨日の昼間に500mlの安物赤ワインを軽く空け、夜も普通に飲みまくっていたから、大丈夫かな?と弟が言っていた。

人気blogランキング『メンタルヘルス』

でも、オヤジはちゃんと出勤して行った。

・・・と言っても、私はコタツの中で寝ていて記憶にないのだが。
4日午前9時頃、あんまり眠れていないのにあまりに寒くて目が覚めて、コタツに移動したから。

午前9時過ぎからネットを始めて、気がついたらもうお昼だった。

親戚から大量におもちを送ってもらっているので、今日のお昼も雑煮に。
弟がもちを茹でてくれたので、私は洗い物をする。


最近の私たちの家にとっては、また普通の日々が今年も始まった。


夜、ネットで同級生のBBSを訪れる。
そこに、聞き慣れた名前での書き込みがあり、リンク先をクリックすると、私の在学している学校の学科同窓会のHPがあった。

「これ以上観ない方がいいかも」

と思う私の思いとは裏腹に、右手はマウスをどんどん左クリックしていって、全部見てしまった。

そのHPには・・・
これまでの学校内で行われた同窓会の写真なんかも載せられており、そこには、見慣れた同級生の姿も少しだけだが掲載されていた。
それにはあまりショックを受けなかった。

「あぁ、懐かしいな。元気にしてるかな。」
と彼らのことを思い出す程度だった。


でも、比較的歴史の浅いこの学校のこと。
昨年6月に私がお世話になった病院の主任さん(学校の先輩にあたる)の姿が写った写真が何枚もあった。

それを見ただけで、あの時の申し訳なさとかを思い出してしまい、今年度の実習のフラッシュバックが私の頭の中を襲ってきた。



結局、レキソタン2mg1錠と発泡酒500mlと近くにあったチュラディアに逃げる。

お酒に逃げた。(本当はダメなことだけれども)

でもフラッシュバックは最低限で治まった。

幸いというか、現役時のO病院での実習のフラッシュバック(このフラッシュバックが起こると相当キツい)は訪れなかった。

今日のところはこれでいいよね?

本当はマネをしちゃいけませんよーー。お薬(特に睡眠薬)とお酒の組み合わせは危険ですから!!!


↓『メンタルヘルス』 部門へのランキングです。他のうつ病患者さんの闘病記も読んでみませんか?
人気blogランキング『メンタルヘルス』





Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。