医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/09/19(火) 16:48:33 [うつ病闘病記]

ただ今旅行中。
ある公共の乗り物に乗っています。

5~6人の集団が近くにいました。
なにやらデータを集めるような機械を持参し、パソコンを開いてデータを集めているようです。


↓続きの前にポチポチっとお願いします。 m(_ _)m
人気blogランキング『メンタルヘルス』



はじめは、ローカルテレビ局かなんかかなと思って、寝ていました。


ふと目が覚めた時に、その集団から会話が聞こえてきました。

…どーも、年長者が教授か助教授か、とにかく指導者のようです。

さらに会話は耳に入ってくる。







…。









…明らかに、医療系の会話。

しかし、幸いなことに、おそらく、私がなるハズだった職業の学生ではない様子。


卒論かゼミか…、何を調べたいのかはわからないが、
この集団が何らかの医療系職業の養成校の人達には間違いないだろう。




卒論か…。
データ取ったりしてたのも、もう2年前なんやなぁ~。

あー、思い出さなくてもいいことをまた思い出してしまった。


↓更新応援クリックをポチポチっとお願いします。 m(_ _)m
人気blogランキング『メンタルヘルス』


【9/23 追記】
この時、フラッシュバックしなかったのが、本当に不幸中の幸いでした。
以前なら、フラッシュバックして堕ちていたことでしょう。
このとき、頓服のセニランも服用せずに乗り切れました。

一歩、うつ病克服に近づいたような気がします。





Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。