医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/09/28(木) 09:32:23 [うつ病闘病記]

関連記事 : 「温泉旅行はうつ病からの回復に効果アリ?(1)」、「温泉旅行はうつ病からの回復に効果アリ?(2)

さて、このシリーズも今日で終わらせます。


人気blogランキング『メンタルヘルス』



前回の記事 : 「温泉旅行はうつ病からの回復に効果アリ?(2)」 で、触れたように、温泉のリラックス効果もあったのか、数年ぶりの2泊3日の旅行でしたが、堕ちることなく、むしろ絶好調のまま2日目の夕方になりました。


そうです、私の一番の楽しみであり、不安事項でもあった、

『相方の友達ご夫婦と一緒に飲みに行く』

の時間がやってきたのです。。。


それまでは、自分でもビックリするくらい調子が良くて、
まるでもううつ病が治ってしまったのではないか?
抗うつ剤のSSRIパキシルの減薬がもうすぐ始められるのではないか?


そんなことまで考えてしまっていたほどだったんです。



そして、待ち合わせ場所に到着。

相方が友達に連絡し、しばし待つ。。。


・・・・・来た!

 ↓



















すごく感じのいい二人でした。

奥さんとも初めて話しましたが(お互い学校・職業柄もあり、初対面という場面には慣れている。)、
まずは出だしはOK!でした。

宿を紹介してもらい、チェックインを済ませて、荷物を置いてから
ちょっと家に行かせてもらって、それからぼちぼち飲みに行こうか~
ということになりました。

実は、このチェックインの時に、ちょっと私の身体に異変が生じたんです。

完全に予想外・想定外でした・・・!


↓更新応援にポチポチっとお願いします。m(_ _)m
人気blogランキング『メンタルヘルス』


しつこいですが、まだ先に続きます。
うつ病患者のリアルな体調の変化がうまく表現できればいいなと思います。





Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。