医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/10/05(木) 02:53:06 [うつ病闘病記]

『アンフェアにはアンフェアを!』

・・・って篠原涼子のアレではないですが。。。(^▽^;)
このフレーズ、気に入ったのでしばらく使おうと思います(笑)

ところで、何が アンフェア なのかと言いますと・・・


人気blogランキング『メンタルヘルス』



在籍している学校の○先生の対応です!

ふぅ~~~ ε=( ̄。 ̄;)フゥ
スッキリした~!
まるで、王様の耳はロバの耳みたいな気分。


○先生のおかげでいろいろ考えてしまって、さっき急降下しましたヨ。
あぶなかった~ (; ̄ー ̄A  抗不安薬セニランに感謝です!


もう10月です。
そうです、あの気になって仕方がなかった9月は過ぎ去ってしまいました。

何のことやらさっぱり?
…という方は、右上のブログ内検索で 「9月」 を検索してみてください。

私がどれだけ今年の9月を恐れていたか、何度このキーワードが体調不良(堕ちること)になったか、少しはお分かりいただけるかと思います。


これまで、ブログで私のうつ病の根本原因についてはあまり触れていないので、理解しにくいハズです。
順番は時系列通りに書けないかもしれませんが、ここまでうつ病に苦しまされることになった経緯を今後書いていけたらと思います。

やっと、やっと書けそうな気がしてきました。
これも進歩かな!?


私もこれからは少し 『アンフェア』 な対応をしてみようかと思う今日この頃です。。。


↓参考に、他のうつ病患者さんの闘病記も読んでみませんか?
人気blogランキング『メンタルヘルス』


明日はまずは先日の診察について書きます。





Comment


私も うつ病です。不眠もあります。薬剤師をしているにもかかわらず、西洋医学に限界を感じています、特に、不定愁訴と呼ばれる症状にはアロマセラピーがいいと思います。私は、イン ザ ビューティというネット販売のお店で精油を買っています。海外からの直輸入なので、高品質なのにとても安くて、うつと不眠に効くと言われるものを、セントジョーンズワートやネロリ、プチグレンなど手当たりしだい買って、自分が落ち着く香りの中、音楽を聴いたりすると、とてもリラックスできますよ! 

はじめまして...
理不尽なことなどがあれば一度相談してみたらどうですか、自分自身も一度相談してみました。
看護系となっていますが医療系でも大丈夫です。
NPOアカデミックハラスメント
http://www.naah.jp/index.html 
(TEL) 06-6353-3364

>小林理恵さん
はじめまして。薬剤師さんなんですね~。

私もうつ病は薬だけで治るものではないと思っています。

アロマテラピーって言っていいのかわかりませんが、これまでほとんど興味がなかったのに、一時期お香やら、入浴剤やら香水を好んで使っていました。音楽もいいですね~。
私のお勧めは間接照明です。機会があればお試しくださいねー。

>worryさん
はじめまして。
ちょうど私自身、この理不尽なことに対応するために、いろいろ無料法律相談など、相談機関を探しているところだったんです。

worryさんが教えてくださったところは初めて知りました。リンク先まで教えて下さり、本当にありがとうございます!
いろんな機関に相談してみいます。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。