医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/10/14(土) 23:03:18 [うつ病関連基本知識]

関連記事 : PMS(月経前緊張症・月経前症候群)とは?【序論】PMS(月経前緊張症・月経前症候群)とは?【本論・症状編】

ここでは、PMSの原因についてまとめておきます。


人気blogランキング『メンタルヘルス』


はじめに言っておきます。

PMS(月経前症候群・月経前緊張症)の原因はまだハッキリとはわかっていません!

ですが、いくつか有力と言われている原因説があるそうなので、ここではそれをまとめておきます。
1.排卵した後に卵巣から分泌される黄体ホルモンという女性ホルモンにより体に水分が貯まりやすくなり、その水分貯留がいろいろな症状を出す原因となる。
2.脳の中で分泌されモルヒネ様の作用があるβーエンドルフィンという物質が月経の前になると急激に低下する。その結果うつ状態になりやすいのではないかという説。
3.脳内に神経刺激を伝達する作用をもつセロトニンという物質があります。セロトニンは神経線維の末端から分泌され、神経情報を伝達する役割をしています。
月経の前にはこのセロトニンが低下することが知られています。この月経前のセロトニンの低下がいろいろネガティブな精神症状が出る原因ではないかという説も最近は有力視されている説の一つ。


あまりに小難しすぎて、私にもよくわかりません!

とにかく、PMSにはホルモン、特に女性ホルモンの影響が大きいのではないかと考えられています。
そのホルモン量の変化により、自律神経系のバランスが悪くなってPMSが起こるということらしいです。



↓『メンタルヘルス』 部門へのランキングです。他のうつ病患者さんの闘病記も読んでみませんか?
人気blogランキング『メンタルヘルス』






Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。