医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/01/09(月) 21:15:27 [うつ病闘病記]

こんなにいい感じで行動できたのは、どれくらいぶりだろうか??

朝はきちんと8時過ぎには目覚め、そのまま少しベッドでダラダラぐだぐだするも(これは想定の範囲内。うつ病になる前からのクセ)、朝食を食べ、スグに!(ここがポイント!)洗面→化粧とまで進み、DVD-RW、サプリメント、母に頼まれた物などを買いに近所の店へ自転車でウロウロ。

出発したのはAM11:00頃。

人気blogランキング『メンタルヘルス』

そして帰宅 → PM1:00過ぎ。
(これはDVD-RWの購入が初めてだったのでいろいろ迷ったのと、電気店に行ったので、ついついPC関連とか見て遅くなってしまうのです。)

ここまでを問題なくしんどい思いをすることなくラク~にできたことが大きい!

もちろん、ここまでは頓服の服用はナシでです!



そして、今夜の夕食は、某100円回転すし屋のお持ち帰りにしようってことになって、再び自転車で買いに行った。

電話注文のことで家族ケンカが勃発し、理由が理不尽なことに腹を立ててしまい、そのついでに気分まで堕ちかけた。・・・で、受け取りに行く前に頓服セニラン2mg1錠投入。

でもそれ以上調子が狂うこともなく、この冬では一番(!?)調子良く動けた。

そう、今日はいつもの習慣の『昼寝』をしなかった!
それも、眠いのを我慢しまくって・・・ではなく、ちゃんと脳が覚醒してるって感じだった!
これは相当うれしいっっ!!


夕方に調子を崩しやすい理由としては、最大の理由は「パキシルの血中濃度が最も低下している時間帯」だからだと思う。ちなみに主治医によると、パキシルの血中濃度は服用後約5時間が最大のピークなんだそう(うろ覚えなのでまた後日調べてみます)。
 → 実際、夕食後にパキシルを服用すると、少し楽になると感じることがある。


他の理由としては、「父が帰宅する時間帯であること」。
 → 父は私のストレス・トラウマの根源だと思われる。彼はアルコール依存症だし。


今、お風呂上りですごくお酒が飲みたくなったけど、時間も遅いので今日は我慢。

レンドルミン0.25mg1錠を投入して寝ることにします。

明日も調子良ければいいなぁ。早くblog開設させたい。

↓『メンタルヘルス』 部門へのランキングです。更新応援クリックをぽちっとお願いします。
人気blogランキング『メンタルヘルス』




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。