医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/11/18(土) 18:29:28 [追憶(過去の整理)]

私のうつ病に大きく関わるあの場所に行ってきました。


↓ 続きの前にポチっと一押し!
人気blogランキング『メンタルヘルス』



そう、あの実習トラウマの起こる原因となった病院です!


あれほど避けて避けて避けまくってきたのですが、勇気を出して行ってみました。

なぜか、行ってみたくなったのです。
気持ちの整理をしたかったのかもしれません。


時間がなかったら行かないつもりでした。
…いや、もともとは行かないつもりでした。
友達の結婚式で元気をもらったからでしょうか?
不思議と、行けるような気がしたのです。


うつ病の身体症状(本当はPTSDの症状なんだろうな。)が出て、幻暈でもしてぶっ倒れてしまってはいけないので、相方にお願いして付いて来てもらいました。


あの時と同じように、休日の病院に入る。
当時、毎朝眠気と極度のストレスに耐えながら歩いたところを、当時と同じように歩いてみました。

相方にいろいろと説明しながら・・・
どこでどのように毎日実習していたか、どんなことをしていたか、そんなことを話していました。


証拠写真 ↓
病院

どこの病院かわかると私が困るのでかなり加工しましたが、あの病院内の廊下です。

今でも、どうしてこの実習を終えることができたのか、自分でもわかりません。

無事に帰って来れました。
1年前だったらこの病院に行ってみるなんて、考えるだけでも幻暈や吐き気、不眠、無意識の自傷行為が出ていたことでしょう。
家に帰ってからも、特に目立った症状は出ずに済みました。

これまでのうつ病に対する治療が効果があったんだと思えました。
周囲のすべての人に感謝です。


↓ 続きの前にポチっと一押し!
人気blogランキング『メンタルヘルス』


抗うつ剤パキシルの減薬開始が現実味を帯びてきた気がします。
断薬症状と減薬中の鬱症状の再燃が、心配事ですね。
まだ減薬は始まっていませんけどw




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。