医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/12/09(土) 22:03:50 [うつ病闘病記]

先日は診察日でした。

最近はだいたい3週間おきの診察になってきています。

薬の処方が増えたのはなぜか???


↓ 応援クリック大歓迎です♪
人気blogランキング『メンタルヘルス』



今回の増薬は、うつ病そのものに関する薬の処方が増えたわけではありません。

なんせ、この診察までの3週間は、特に大きな行事もなく、精神的に揺れ動くようなことはほぼなかったからです。


今回の新たな処方は、SSRIのパキシル(抗うつ剤)の副作用対策のためのお薬処方でした。


パキシルをはじめとする、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)三環系抗うつ薬を服用している方なら、悩んでいる方は多い副作用です。



それは・・・












便秘です (/-\*)  (なんだそんなもんか!…なんて思わないでくださいっ)








これまでは寒天を食べるなり、ヤクルトの乳酸菌飲料(特定保健用食品)を飲むなり、水分を多めに摂るなどして、どうにか耐えてきた私でした。


…ですが、コーラックのような下剤は飲みたくないけど、少しはお薬に頼った方が案外リーズナブルなのでは??(自立支援法で医療費が1割負担なので。)

なんて、ふと思ったので、先日の受診の際に相談してみました。



すると、主治医曰く、おなかが痛くならないお薬があるということで、試しに処方してもらうことにしました。


新たに処方してもらった薬は、 マグミット です。
まだちゃんと調べていませんが、主成分はマグネシウムのようです。


どれくらい効果があるかはまだまだ未知数ですが、少しはマシになればいいなと思います。



そして、今回、主治医に言っていただいた嬉しいお言葉は、

『今は安定期に入ってきてますね。年度が代わったら、パキシルを1錠(10mg)減らしていきたいですね。』

…ですっ!  ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ




おっしゃーーー!

ついに、具体的なパキシル減薬のお話が出ました!!


↓ 応援クリック大歓迎です☆
人気blogランキング『メンタルヘルス』


相方に、「うつ病回復の安定期に入ったって~」 とウィルコムで言うと、妊娠の安定期と大勘違いしてバカ笑いしてました(汗)

オマエさん、いくらうちらの共通の友達のお子さんが生まれたからって…、影響受けすぎですぜ。
99%以上デキていないですけど・・・




Comment


こんばんは、うつをです。
コメント、ありがとうございました。
うつをもパキシルを呑んでいますが、便秘にはならず毎朝快便です(^^)。#男性・女性の違いでしょうか。
パキシル減薬計画、おめでとうございますv(^^)v。
「減薬」って、自分が寛解に向かっているって感じで嬉しいですよね。
yupuさん、早く春が来ると良いですね。
また、遊びに来ますね。

>うつをさん
こんばんは。
こちらこそコメントありがとうございます。

男女差あるのかもしれませんね。>便秘

やっと『うつ病が治る』という光が見えた気がします。
ここであせっちゃいかんのです(自分に言い聞かせる)

春が待ち遠しいです(笑)
でもちょっとだけ花粉症なんでうれしくないこともありますけど。
うつ病のしんどさに比べたら、へっちゃらです!

うつをさんのブログにもまた遊びに行かせていただきますね♪

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。