医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/12/14(木) 04:49:47 [うつ病闘病記]

吉報が書きたいです。

さっさと学校とケリつけたいです。

抗うつ薬を終了したいです。

うつ病がちゃんと治ってほしいです。

つくろった元気ではなくて、無理した元気ではなくて、本当の元気さを取り戻したいです。



そして・・・

↓ 応援クリックお願いします!
人気blogランキング『メンタルヘルス』



自分の周辺に来ている結婚ラッシュの波に、うちらも乗りたいです!!





↓ 応援クリック大歓迎です。
人気blogランキング『メンタルヘルス』




結局は私のうつ病が治らないことには・・・ね。





Comment


お久しぶりです。パキシル日記のものです。
確かにうつは治ってほしいですよね。ヘッダーに書いておられる通り,うつを本当に理解している人は,少ないように思います。その人の性格ではなく,脳内神経の少しのずれなんですが。。。

私も早く抗うつ薬であるパキシルを退薬していきたいと思っています。そして疲労感のない毎日が来ればなんとよい日々かと思います。ではでは。(sky-sea)

>sky-seaさん
お久しぶりです。

ここ数日、パキシルのニュースが大きく出ていましたね。

なんというか、製薬会社のパンフレットだけでは周囲に理解してもらうのは難しいと痛感してます。

自分でも、うつ病についていろいろ本を読むうちに、いかにうつ病やその他の疾患は、未だにあまりわかっていないんだなぁと思うようになっています。

特にパキシルはじめ、SSRIの処方対象になる病気はそんな気がします。

今年中に減薬開始できれば・・・と思っていましたが、来年に持ち越しになりそうです。
この妙な疲労感・倦怠感から解放されたいですね。
またそちらにも見に行かせていただきますね!

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。