医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/01/13(金) 21:37:39 [うつ病闘病記]

AM11:00頃に起床。立位でややふわ~っとした感じあり。

日中の眠気も強く、クリニックに行く前も眠気があり、クリニックの約2時間の待ち時間の途中にも、本を読みながら何度もうとうとしていた。
今日もあまり調子は良くないようだ。

人気blogランキング『メンタルヘルス』

帰宅後、少し昼寝をする。時間としては、寝すぎることもなく、まぁまぁ質の良い眠りだった。

今回、1ヶ月間の症状の変化など、きっと忘れてしまうだろうと思い、この日記を簡略化したものをプリントアウトして持参し、主治医に読んでもらった。

その読んでもらっている間に、軽くフラッシュバックが起こった。

そう、O病院での実習中にSV(スーパーバイザー:実習指導者)に朝、ノートやレポートを提出して、何を注意されるのだろうかとビクビクしながら、SVが一通り読み終えるのを待っている時のことを思い出した。 (前ブログ:ACの自己ブンセキblogを参照。)


そういえば、今朝、クリニックに行く前に、日記をプリントアウトしている時も何か変な感じがしていた。

これも、思い出した。

あの実習時に、毎日病院に向かうギリギリまでほとんど徹夜で書いたレポートをプリントアウトしている時のどうしようもない不安感・恐怖感だ。



最近はうつの波の周期が短く、しかも落差が激しくなっている。
要するに調子は悪い。

今回の日記の様子で、主治医もさすがにマズイと思ったのだろう。軽い自傷行為が出たとか、細かい説明も書いていたから・・・
11月くらいからずっと、薬の上乗せをするかどうかのところで何とか増薬せずに来たが、ついに増薬することに。

レスリンという、セロトニン系の抗うつ薬が追加された。
1錠25mgのものを就寝前に1錠服用して、2週間様子を見ることに。
このレスリンの副作用は、主に眠気だけだということらしい。

しかも、その眠気の副作用が出やすいのは、風邪薬や鼻炎薬など、抗ヒスタミン系の薬で眠気が出やすい人らしい。
私は、その抗ヒスタミン系の薬で眠くなるタイプなので、恐らくレスリンでも副作用は出るだろう。

レンドルミンが必要なくなるかもとも言われた。
確かに、飲んでしばらくすると頭がボーーっとしてきた。

しかし、なぜか寝つきは良くなかったので、レンドルミンを服用する。

それでも寝れなかったので、さらにセニランを1錠追加したら、ようやく眠れた。

減薬が今年の目標とはしたが、今回は増薬されてもショックは全くなかった。
それだけ調子が悪く、どうにか楽になりたいと思っていたからだろう。
この追加されたレスリンに期待したい。

■今日の服薬
夕食後:パキシル40mg
就寝前:レスリン25mg、レンドルミン0.25mg、セニラン2mg


↓『メンタルヘルス』 部門へのランキングです。更新応援クリックをぽちっとお願いします。
人気blogランキング『メンタルヘルス』





Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。