医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/01/26(金) 19:09:34 [うつ病闘病記]

今週、2007年初の診察に行ってきました。
(2008年初の・・・というのはなくなればいいなぁ。)

ブログをご覧の通り、この約1ヶ月間はうつ病の症状の大波が来て、
またうつ病の再燃か~!?ってところまできちゃいました(汗)

急遽、自己判断の抗うつ剤追加レスリン25mgを就寝前に1錠)までしてしまったほどです。
(以前服用した時のレスリンの副作用については、過去ログ検索してくださーい。)

さすがにこの1ヶ月は周期的に症状が大きく変動したので、手帳を身ながらの診察でした。
(手帳など、毎日の記録をつけておくことは診察にとっても役に立ちますよ~!)

以下、診察内容のまとめです。


↓ 続きの前にポチっとお願いします。
人気blogランキング『メンタルヘルス』




■ 年末年始はゆっくり休むように…のハズが。。。_| ̄|○
やはり、母の仕事が年末年始にすごく忙しいので、家事手伝いは毎年多くなります。
今年も例年通り、いや、むしろこれまで以上にいろいろしなくてはいけませんでした。
うつ病の治療中とはいえ、ずっと家にいることに対する罪悪感もありますので・・・)

その結果、12月30日~1月4日の間は激うつ状態でした。
最近の私のうつ病は運動制止(したいことはあるのに動けない)という症状が主なのですが、思考制止(何も考えられない)の症状まで出てきそうでした。
(ちなみに、私の場合、症状の重さは 『思考制止>運動制止』 なのです。)

いや、マジで昨年のような無意識の自傷行為(夢でうなされながら手首を爪で引っ掻く)が出てきそうで、怖かったです。
だからセロトニンを増やす作用のあるレスリンを、いつもの抗うつ剤のSSRIパキシル40mgに加えて服用したのです。

このことに関しては、本当は自己判断で抗うつ剤の減薬・増薬はうつ病の治療において、基本的にはご法度なのですが、主治医には・・・


「このような状況では、今回の増薬は怒ることはできないです。自分でヤバイ状況がわかるようになっているので、むしろその点では、今後においても良いことです。」


…と言われました。

まぁ、診察時には随分回復してきていたので、結果オーライってことだそうです(笑)



■ 相方家での約20時間爆睡×2日 の時のエンドレス夢(7歳くらいから現在の25歳まで成長していた)について
これについては特にコメントはありませんでした。
このエンドレス夢が終わってから、回復傾向になったんですけど・・・
それだけ精神的に疲れていたってことでしょう。。。


■ 調子悪い中での相方家への強行移動(避難か!?)について
主治医の中では、

『私が相方家へ移動 = 調子が良くなる』

…と思っていらっしゃるようで、その自己判断も悪くはないとのことでした。



■ 今回のお薬処方は・・・?増薬!?
受診時に復活していたためか、自己判断で最悪のうつ状態を回避できるようになっているからか、幸い、増薬はナシでした♪

いつものようにパキシル40mgの処方だけでした。

もしかすると、このブログをよーーく読んでくださっている方はお気づきになったかもしれませんが、最近は 頓服の抗不安薬セニラン(レキソタンのジェネリック)の処方が基本的にナシ になっているのです♪

前に1日3回服用で処方してもらっていたものがずっと残っているんですよ。
1週間に1シート(10錠)がなくなっていたら、服用回数が多いくらいになりました。


久々のマトモなブログ投稿なので長々と書いてしまいましたが、

とにかく、 結果オーライ♪ ってことでした。

不幸中の幸いってヤツかな!?


↓ 更新応援にポチっとお願いします。
人気blogランキング『メンタルヘルス』






Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。