医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/02/03(土) 23:55:56 [うつ病闘病記]

なんとなく調子が悪かった1日でした。
あくまでなんとなく・・・なんですけど。

今日、こんな日には特徴があることに気がつきました。


人気blogランキング『メンタルヘルス』



身体が、…というより、 頭が重い のです。

そして、ずっと眠気がつきまとう のです。



え!?まだわかってなかったの??

…という声があらゆるところから聞こえてきそうですが。。。




どうも、これまでの経験上、私がプチうつ状態になったとき(うつ病の小さな波が来たとき)、まずはじめに上の症状が出るみたいです。

そんな身体症状(運動制止)のみで終わることもありますが、
それに引き続いて、思考がマイナス思考や、意思に反して何も考えられないようになったりします。
思考制止の症状だと思います。)


食事に関しても、今回おかしな状況になったことに気づきました。

まず、堕ちる前にやたらと甘いものが食べたくなって、チョコを食べたりしました。
(甘いものは元々好きですが、最近は運動量減少に伴って、うつ病になる前ほどの欲求はなくなってきています。)

それでも楽になるのは一時的なもので、仮眠を取ったりしますが、その仮眠の睡眠の質も悪くなっています。
(悪夢を見たり、寝言を言ったり・・・)


実は、今日は早朝覚醒して、やたらと炭水化物(脳のエネルギー)と甘いものがほしくなり、やりたいことはたくさんあるのにヤル気がついて来ないのです。

頓服のセニランを服用して、副作用の眠気を利用して仮眠を取ったりしてもダメな時はダメです。


こんなふうに、私は調子の悪いときにはいろいろな症状が出てくるのですが、最も顕著に現れてくる症状は、

睡眠の質の低下 です。

いろいろ調べてみると、どうも うつ病と睡眠障害には密接な関係 がありそうなのです。


確かに、私がうつ病を発症した経緯を思い出してみると、うつ病と睡眠障害には何らかの相関関係がありそうな気がします。

後日いろいろ調べてみたいなと思います。


↓ 他のメンタルヘルス関連のブログも読んでみませんか?
人気blogランキング『メンタルヘルス』






Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。