医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/02/08(木) 04:00:01 [コラム]

世間では、『あるある大辞典』 の捏造問題がいろいろ言われていますね。
(参考:「あるある」出演研究者、多くが「無理」感じたと証言

この『あるある大辞典』の捏造問題に関わっているかどうかは別として・・・

人気blogランキング『メンタルヘルス』


以前、私の在籍している学校のある教員が出演していたことがあったのです!


何回出演したのかはわかりませんが、私が現役学生のときには、一度、『あるある大辞典』 の実験などに関わっていたようなのです。


「『あるある大辞典』 は勉強になるよ~!」

そんなことを言っていた教員の姿が今でも記憶に鮮明に残っています。
(その後、体調を崩して休学になって今に至るのだから、そりゃ記憶もわりと鮮明です。)


学校名も、その教員の名前もバラせませんが・・・
(なんせ、捏造問題には関わっていないハズですので。)


さて、あの頃は私たち学生に 『あるある大辞典』 を勧めていたあの先生は、今、現役で在籍している学生に対してどう説明しているのでしょうか???
自分の関係した番組に対して・・・

そこのところがすっごい気になります。




それにしても、『あるある大辞典』 の捏造問題は残念です。

やはり、毎週毎週、新たなネタを提供しなければいけなかったことが、製作に関わる人々に無言のプレッシャーを与えていたのでしょう。


医療系の実験をして卒論を書いたことがあるだけの私が言うのは、おこがましいとは思いますが、教員や実習先の指導者の方々・・・を見ていると、

ハッキリとした、誰が見ても明確な結果を残すことは容易ではない。

…と思うのです。


既にお気づきの方も多いかとは思いますが、テレビが必ずしも情報が正確であるとは限らない、…ということを、頭の片隅に残しておいてほしいなぁーと願っています。


人気blogランキング『メンタルヘルス』

その 『あるある大辞典』 に関わっていた教員を、先日、ある他の番組で偶然見かけました。
あいかわらず、メディアに出ることがお好きなのですね~。





Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。