医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/02/18(日) 03:38:28 [うつ病闘病記]

目の前の楽しそうに話している人が、

実は、この日のこの時間にこの場にいるために、

何日も前から対策準備していることもあるのです。



人気blogランキング『メンタルヘルス』



Comment


おはようございます、うつをです。
相性が良かった、一番初めにお世話になったカウンセラーさんとお話しする時に、うつをも対策準備していました。
あのカウンセラーさんが産休にならなかったら、此処までこじらせることがなかったのではないかと思っています。
また、遊びに来ますね。

>うつをさん
病院に行くときもそうですが、普通に友達と会うときも、心の準備ってやつをしないと出かけにくくなってきました。うつ病って本当にやっかいな病気です。
私も、初の発病のときに、もっと自分に病識があったら、ここまで悪化・長期化しなかったのではないかとつい考えてしまいます。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。