医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/02/22(木) 22:19:49 [うつ病闘病記]

今週は、これまで日中にマトモに起きていられた例がない。


人気blogランキング『メンタルヘルス』


イヤ~な感じのマイナス思考が自分に付きまとっている。

また寝てしまった。
先日はできていたのに、またできなくなった。
ひとつ何かできたら、ひとつ何かできなくなった。
いつまでこんな状態を繰り返すのか。



これでも、こんなふうに考えてしまうことが、うつ病の特徴だとわかっているつもり。


アタマではわかっていても、スグにはうつ病は治ってくれない。



これもわかっているつもり。



それでも、何度も何度も緩解と悪化を繰り返されると、ちゃんと精神科・心療内科クリニックに通院していても、キツい。



どうしてあの時通院をやめた?

なぜ、真実を言ってアドバイスしてくれた友人の忠告(通院はうつ病が良くなってもしばらくは続けるべき)を聞き入れずに、精神科領域の知識が皆無に限りなく近い教員たちの意見(楽になったなら薬をやめてみてもいいんじゃない。ああいうところに行くと、それなりに診断名つけられるものだからねー。)を聞いてしまったのか?



悔やまれてならない。


人気blogランキング『メンタルヘルス』





Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。