医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/02(金) 04:58:10 [うつ病闘病記]

3Kの説明の前に・・・こんな時間なのに眠りたくありません。

なぜかって?

一度寝るとなかなか起きることができないから。
確かに、早朝覚醒はある。

んーーー、でもちょっと意味合いが違うんですよね。


人気blogランキング『メンタルヘルス』


一度、脳が眠りに入ってしまうと、ちゃんとマトモに動けるまで覚醒するまでにすごい時間がかかってしまう。

早朝覚醒はするのだけれども、目は覚めても、脳はあまり働いていない状態なのです。


気力、気合い、気持ち。
どうも、うつ病になると、この3つが著しく欠けるようです。


気合いで動けるなら動いてる。
気力で復学できるなら、とっくに復学して卒業している。
気持ちがついてくるなら、この医療系職業を今も諦めていないだろう。


今、私が求めているのは、己の健康。
元気に学校に通い、家事もそれなりにこなしていた一人暮らしをしていた頃のレベルまでは(在宅での生活においては)回復したい。


先日、既婚者の友達にアドバイスをもらった。

「相方の気持ちが私から離れないうちに、どうにかそこそこのレベルまでうつ病を克服して、早く結婚しなよ。」と。

その言葉。自分でもうすうす気づいていたことだった。

これは私の個人的な考え方だけど、付き合うのもタイミングだと思うし、結婚するのもタイミングだと思う。

まぁ、結婚はその後一緒に生活するのでタイミングだけじゃ決められないのかもしれないけど。



もうスグ、学校の同期は某医療職について3年目。
早いもんだ。
この自分がなるハズだった医療職については、今はもうほとんど何も思わなくなった。

何よりも自分の健康の方が大切だと思ったから。


無事に普通に卒業して働いていたら、今頃、誰にも何も文句を言われることなく結婚に踏み切っていたのではないだろうか。


今さらこんなことを言っても、堂々巡りしかできないことはわかっている。
グチってもどうしようもないこともわかっている。

愚痴ったところで、なんとなく言われることも想像がつく。








もっと鈍感な人間に生まれたかった。



人気blogランキング『メンタルヘルス』




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。