医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/20(火) 03:28:11 [コラム]

「うつ病は心の風邪」

よく、こういうふうにうつ病が表現されることがあります。


実際にうつ病になった人間を見たり、自分もうつ病になっている人間から言わせてもらうと・・・



人気blogランキング『メンタルヘルス』


それって何かおかしくないか???

…と引っかかるのです。




「心の病」

この表現に違和感や嫌悪感を抱いているからかもしれない。


このブログ内ではできる限り、「心の病」 という表現をしないようにしている。

 

なぜなら、
「そもそも、『心』って何なんだ!?」


このように感じているからだ。



偏見なのかもしれない。
自分の病を認めたくないからかもしれない。


『心』 = 『心臓』 か???

違うでしょ!?



じゃあ、

『心』 = 『脳』 か?????


それもちょっと違うんじゃない!?




いつの日か、そんなことを思うようになって、うつ病に限らず、 『心の病』 という表現方法に違和感を感じ、嫌悪感を抱くようになった。


なぜなら、『心』という一文字が入るだけで、精神疾患に「甘え」の要素が大きく入ってくると思うから。






Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。