医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/31(土) 04:38:25 [うつ病闘病記]

イライラする。
やはり耐久時間の限界がきている。

この怒り、どう健康的に平和的に処理しようか。



1日も早くここを出て行こう。
この中途半端な状態から抜け出したい。
グレー状態にも限界はある。



健康体がほしい。

遠距離にも限界ってもんがある。


ここから離れて、どこか自分の落ち着く場所はないのか。



うつ病になんてなった私が悪いですか、そうですか。
学校を休学というグレー状態で籍を残していることがネックですか、そうですか。



うつ病はなりたくてなる病気ではない。
甘えでうつ病になっている人は、むしろこの状態を楽しんでいるハズだ。



苦しいんだ。
楽なわけないやんか。


そろそろ次の段階に進めてもいいのでは?
オマエの回復次第だ、なんて人のせいにせんといて。



そうやっていつまでも誤魔化しているのはアナタではないのか?


私は、自分に向かって投げられたロープにしがみついて、引きずられていく体力はあるぞ。


引きずられていく方向が現状よりいい環境なら尚更だ。



ちゃんと、引きずり出すのを手伝ってくれたら、あとは自分で立ち上がるから。





Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。