医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/05(木) 20:04:46 [うつ病闘病記]

本当は来週に診察の予定だったのですが、3月末からうつ病の症状なのか、風邪の症状なのか?調子が悪いので予定を繰り上げて受診してきました。

そこで、主治医から思わぬ誕生日プレゼントがっ!!


人気blogランキング『メンタルヘルス』




アモキサン25mgなんと、抗うつ薬アモキサンが追加されました! _| ̄|○

ははは・・・orz
この調子の悪さについて、私自身で考えられるあらゆる可能性をお話したんですが・・・

どうも主治医はうつ病の身体症状の悪化と判断したようです。


まぁ、食欲が低下しているのが気になっていたので・・・
あと、胃がチクチクしたり、胃のもたれが出るのが私のうつ病での身体症状の一つですからね。。。

早めに対処しましょう~とのことだそうです。


結果的に増薬になったわけですが、もちろんカラダに合わなければ即中止の指示が出ています。
(以前、レスリンという抗うつ薬でも激しい眠気の副作用が出たので・・・)


主治医が言っていたことですが、今後のメインの抗うつ薬パキシル減薬のときに、補助的に追加する抗うつ薬を見つけておこうということらしいです。

パキシル副作用はまったくないって言ってもいいくらいですからねー。ちょいと便秘になるだけですが、それに対する対処はできています。


人気blogランキング『メンタルヘルス』


さてさて、昨夜初めてこのアモキサンを服用してみたのですが・・・
どんな感じだったか、アモキサンの主観的感想はまた後に。。。




Comment


yupuさん、お久しぶりですね!私は現在研究室に通う毎日をおくっています。一応、国立大学なので『研究』ってやつをやんないといけないので(苦笑)。

アモキサンが追加されたんですね。大変な状況が続いているようですね。私はルボックスがメインだったのですが、SSRIという薬には不信感を感じていたので、パキシルを減薬するということならば、もしかしたら良い結果になるかもです。

今、私は「抗うつ薬の功罪」というSSRIのひとつのプロザックを告発する本を読んでいます(薬理の教科書を手元に置いて)。その内容にショックを受けたこともあり、ネットでSSRIの情報をしらべると、必ずしもパキシルに副作用がないと言うわけではないようです(教科書にはそう書いてますけど)。100%参考にしていいわけではないですが、2ちゃんねるにもパキシル板が立っているくらいですから。

私個人としては、ルボックスをトレドミンに変えてもらいました。現在では投薬は止めていますが。YUPUさんと私の病状とは異なるものと思いますが、薬を変更するというのもひとつの方法だと思いますよ。

急にここ2、3日は冷え込んでますね。ご自愛ください。

>くりりんさん
おひさしぶりですね~♪
研究室通いの毎日ですかぁ。相方の様子を思い出します。卒論ですか?もしかして大学院に進学されたのですか?研究って大変ですねー。

おかげさまで大変な状況は脱することができました!うつ症状と風邪が混ざっていたようです。先日母が吐き下し&発熱というやっかいな風邪を引いて寝込んでいたんです。自分の症状はうつ症状と見分けがつかないくらいで熱もなかったのでアモキサン追加になったのでしょうが・・・どうも風邪がメインだったようです(苦笑)

先日くりりんさんに紹介してもらってから「抗うつ薬の功罪」を読みましたよ!!レビューを書こう書こうと思いつつ今になっています(^^;;

実はアモキサンは私には副作用が強すぎて1回飲んだだけでやめました。
その後復調に向かったので少しは効果はあったのかもしれませんが、正直よくわからなかったです。

きっと主治医は、私が身体症状を訴えたので(風邪の可能性もちゃんと伝えました)、回復期の自殺や自傷行為を恐れて増薬したのだと思います。
自殺なんてしませんけどねっ!

私もSSRIが全能だとは思っていません。
パキシルは私にとって副作用がないに等しいので飲み続けていますが、副作用がキツかったら今頃飲んでいないと思います。

くりりんさんも息抜きしながら研究室生活してくださいね!
影ながら応援してます。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。