医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/14(土) 16:36:36 [うつ病闘病記]

まるで脳が萎縮していっているんじゃないかと感じてしまうくらい、頭蓋骨の中の脳の位置がわかりそうなくらい、脳が締め付けられているような(圧迫されているという感じとは少し違うと思う)、うつ病特有の頭痛(…というより脳の違和感やな)が1日半も続きました。

やっと頭がボーっとしている程度にまで楽になりました。


なぜ、このように説明したかと言いますと・・・


人気blogランキング『メンタルヘルス』


相方に聞かれたからです。

これも他の人に説明する練習だと思い、
うつうつで働かない脳で必死に考え、言葉を選び、説明しました。


私は頭痛持ちの人間ではなかったので、偏頭痛の痛みはよくわかりませんが(二日酔いの頭痛はよくわかる(^^; )、うつ病特有の頭痛の場合、

「ズキズキする」

…という表現が一番ふさわしくないのです。



今回、相方に説明したときによく使ったキーワードは・・・

『脳が締め付けられるような感じ』

『脳に違和感がある』

『脳に薄い膜がはっているような感じ』

『脳が一部働いていないような感じでボーっとする』


こんなのが多かったです。


私にとって、うつ病からくる頭痛はこれまでに経験したことのない頭痛です。
果たして、『頭痛』 と言っていいのやらどうかもわからないくらい特殊な痛み(違和感)なのです。


それを鬱々な状態のときに説明しないと、うつ状態が楽になったときにはもう、説明するのが難しくなってしまうのです。
リアルタイムで鬱頭痛を体感しながらでないと説明できないです。

まぁ、説明というか、片言で訴えたキーワードを後で相方に確認しながらまとめたのが今回の記事の内容です。


「うつ病の頭痛は他の頭痛とは違う感じがする」

そこんところを覚えておいてくださると私もうれしいです。




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。