医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/22(日) 22:25:08 [うつ病闘病記]

前の記事はけっこうビールが入った状態で半分寝ながらキーボード打ってました。

途中からタイトルと話が違うやん!ってなってますけど、修正も面倒なので気が向いたら直すということで。


記事投稿した記憶がないっす。
適度な酔いと眠気でいつ寝たかもよく覚えていません。


まぁ、こんな日もあっていいんです。
実家ではさすがにこんなことはできませんから。
こっちではそのへんの自由が利くので助かります。



イキナリ、相方家の炊飯器が壊れました。
8年目に突入したところでした。

ご飯を普通に炊いて、保温になって1時間後くらいに、保温をやめて冷蔵庫で残りご飯を保存しようとしたら・・・


炊飯器が既にご臨終しておりました(-o-;

人間で例えると、普通に夜に寝て、朝起こしに言ったらもう・・・みたいな感じであまりにあっけない炊飯器の最後でした。



幸い、私が一人暮らしの時に使っていた炊飯器が実家に強制送還されたままだったので、それを送ってもらうことにしました。
相方がこれまで使っていた炊飯器と比べるとランクが下がりまくるんでごはんの味も落ちますけど。。。


炊飯器が届くまでは私の家事も休業です。(サボる言い訳ですけど。)





Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。