医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/29(火) 13:01:03 [コラム]

坂井泉水さんの訃報のショックがまだ続いているyupuです。。。

私はそんな熱狂的ファンとかそんなのではなかったのですけどね。。。
やっぱり坂井泉水さんことZARDが私が10代~ハタチの頃までに活躍された方だったのが影響しているんでしょうか?

当時はガキンチョでZARDだけでなく、どんな曲の詩の意味もぜんぜんわからなかったですし。

なんで、当時の同年代のみんなは、「この曲はいい」とかカンタンに言えるのだろうか??
そんな疑問をつい最近まで、常に抱いていました。


人気blogランキング『メンタルヘルス』


自分はオカシイ?
よくそんなことを思っていました。

正直、恋愛の詩なんて、10代の頃にはまったくわからなかった。


「ヒット曲くらい知っていないと周囲についていけないから。」

そんな理由で音楽を聴いていました。
カラオケで何も歌えないのも恥ずかしいし。・・・なんてね。


ここ数年で、やっとマトモに歌詞を聴くようになって、音楽の魅力が少しわかってきたところだったので、今回の坂井泉水さんの訃報は残念でなりません。
いま、昔のCDを引っ張り出してきてZARDの曲を聴いています。
当時、詩の意味を理解できなかった私でも。改めて坂井泉水さんが亡くなられたことを残念に思います。



いま思えば、10代の頃の私は毎日の生活に余裕がなかったんでしょう。

あと経験の不足?


とにかく自分の身を守ることに精一杯だったような気がする。
精神的な逃げ場がバスケしかなかったですね。
もちろん、当時は気づいてもいなかったですけど。



昨日、「負けないで」を久しぶりに聴いたら、少しフラッシュバックして、あることを思い出しました。

昔、精神的なストレスのはけ口がバスケだけだった頃のことです。
試合中に膝を大怪我して、入院&手術&リハビリの生活になったことがありました。

当時はこのケガで手術すると、1年間はバスケ復帰はできないと言われていました。

今のようにネットもありませんでした。
ケガのことを調べようにも、少しでも早く復帰するにはどうすればいいかを調べることも、膝の治療やリハビリでのグチを吐き出すところもありませんでした。

ましてや、ウチの両親(特に親父)は無関心どころか、バスケに対して意味もなく否定的な人間でした。


そんな環境での治療&リハビリ生活は、数ヶ月のうちに精神的に私をMAXまで追い詰めてくれました。

学校に行かなくなったりはしなかったですけどね。

見かけではわからない程度に精神的に引きこもっていました。


昨日フラッシュバックの内容というのが、たぶんこの頃に「負けないで」をよく聴いていたみたいだということなのです。

昨日、坂井泉水さんの訃報を聞いて、特別にファンでもなかった(決して嫌いでもなかった)のに、自分でもビックリするほどショックを受けたのは、この頃のことも影響していたのかもしれません。


音楽の影響力ってスゴイですね。。。


26になってようやく音楽というものが人生にとって必要なものなんだなと感じました。


それにしても、どうして世の中は才能ある人に対してこんなにも無常なのでしょうか・・・



Comment


はじめまして!そよかぜむらのたかひろです。
ZARDの人って誰?っていう人でも、
「負けないで」という曲は知っているという人
もの凄く多いと思います。
ZARDというグループも、歌っている人も
知らないけれど、曲だけは知っている。
音楽の力って、すごいとおもいます。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

>そよかぜむらのたかひろさん
こちらこそはじめまして!
確かにそうですねー。
曲名があやふやでも、曲自体は知っている。。。聴いたことがある。。。そんな人がいっぱいいることを報道等で観て、改めてZARD、坂井泉水さん、そして音楽のいいところを知ることができたように思います。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。