医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/10(日) 04:13:42 [うつ病闘病記]

こんなタイトルにふさわしい今週のMy手帳の内容でした。
「ほぼ寝たきり手帳」は、コレのパロディのつもりです。


人気blogランキング『メンタルヘルス』



金曜も長時間寝ている状態でしたが、土曜はもっとすごかったです。

金曜の夜寝る前には、以前抗うつ薬として追加処方されていたレスリン(私には眠気の副作用がスッゴイ出る)と、デパス(これは前の病院で処方されたもの)を1錠ずつ服用しました。

レスリンは、セロトニンが少しでも増えるようにという願いから、デパスは夜中に中途覚醒のないようにと期待して服用しました。


結果は、レスリンデパスの相互作用というかなんと言うか・・・・

ほぼ1日中 寝たきり でした_| ̄|○(期待通りかもしれない)



今日もほぼ寝たきりでしたが、ごはんがおいしく感じられないというヤバイ傾向もあったここ数日よりはマシだったように思いました。

土曜の1日も、食っちゃ寝の繰り返しだったんですが、「食べたい」という欲求が戻ってきたのと、「おいしいと感じる」ことができるようになったのは、抗うつ薬レスリンの効果ではないかなと思います。

しっかり体重は増えていましたが(ーー;)
うつ症状がきついよりはよっぽどマシですから。)

動きたいのに動けない、本もテレビも観れない、PCにすら向かえないという状況からは今は少し脱しています。


正直なところ、今は呑みながら(淡麗500ml、リンゴチューハイ、淡麗2350ml)ブログ更新しているので、明日(日曜)はどうなるかわかりませんが、夜中であれ、起きて何かしようという意欲が出てきただけヨシとしてはダメですか!?



眠っているときの夢でも、関係のないハズの夢の内容の中に、医療関係の修行(実習?)が無理矢理絡んでくることがあるので、目覚めたときにグッタリしていることが多いです。

意識しないようにしてきましたが、このような傾向は6月に入ってから目立ってきているので、3年前と2年前に病院での臨床実習でぶっ倒れたことが関係しているようです。


過去のことなのに、無意識のうちに今の生活に関係していることが憎い。





Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。