医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/11(月) 16:56:11 [うつ病闘病記]

昨日は風邪気味のような症状も出ていました。
寒気下腿のだるさ頭痛目がしぱしぱすることなんですが・・・

頭痛はその前の日の飲酒が原因かと思っていましたが、そこまで二日酔いが残るほどは呑んでいませんし、夜になっても頭痛が続いていたのです。

こりゃ、どうも風邪気味なんじゃないのか~??
…と母と話していました。

親父も少し前に風邪気味でしたし・・・


人気blogランキング『メンタルヘルス』


とにかく昨日も頓服のセニランを飲んで寝まくっていました。

今日は、午後からですが溜まったメールチェックとブログ更新ができています。

頓服フル活用ですけど・・・復活の気配が見えてきました。



それにしても、何日マトモに外出してへんでしょうか!?
特に無理して外出してまで・・・って用事もないものでして。

むしろ、今月~来月はトラウマ&梅雨月間ってことであまり予定を入れるつもりはありません。


ちなみに、私は特別なうつ病治療はしていません。
本当に基本の基本的な、薬物療法&休養をとる&環境改善だけですよ。

正直なところ、うつ状態が強く出ていてしんどい時には、新たな治療法を探すことも挑戦することもする気がおきません。

かといって、調子がいいときに治療法を模索したり、違う治療法への挑戦もしません。



今の自立支援法を活用した診察代&薬価だけでもひぃひぃ言っているのに、まったく新たな考え方の治療法を受ける気にはなれません。

不調時でも自殺願望がないのですから、だいたいはこのままでいいと思っているのです。

女性はホルモンバランスの変化の影響も大いに受けます。
それに天候の悪さ、ストレス下にいれば、抗うつ薬でどうにか保っていた体調が崩れてしまうのも無理はありません。


こうやってブログ上でグチを書いたりしますが、それもひとつの治療だと思っててください。



Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。