医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/28(木) 11:55:05 [うつ病最新(!?)情報]

何を今さら・・・・って感じもするニュースなんですが、Yahoo!ニュースのトピックスに『<抗うつ剤>「パキシル」服用の自殺者増加 副作用の疑い』とデカデカと載っていたので、やはりパキシル服用者として言及しないわけにはいかないでしょう。


このニュースを要約すると・・・

抗うつ薬のSSRI(セロトニン再取り込み阻害剤)のパキシル(一般名・塩酸パロキセチン水和物)を服用している人で、特に若い人を中心に自殺者が増加している。(パキシル服用者全体では05、06年度と2年連続で2ケタに増えた。)
その自殺の原因はパキシルの副作用の疑いもある。
厚労省の調査では、この10年ほどで、うつ病などの気分障害の患者が倍以上に増えている。
自殺増加の原因としては、パキシルを処方される患者が増える一方、医師が投与後の患者の経過を十分に観察していないことなどが考えられる。
精神科医は若い人への安易なパキシルの処方はやめましょう。薬物療法だけに頼らないように。

ニュース元:<抗うつ剤>「パキシル」服用の自殺者増加 副作用の疑い
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070628-00000007-mai-soci


まぁ、こんな感じです。

パキシルの副作用での自殺の可能性は前々から言われていたことです。
最近では、パキシル発売元のグラクソスミスクライン社の添付文書にも副作用として、『自殺傾向の増加の可能性』は記載されています。

このニュースで不安に思ったうつ病患者・パニック障害患者の方は、とにかく主治医に相談することです。
こんなに大きくニュースになっている!と不安を訴えれば、どんなに手抜き診察をしている医師でも何らかの説明はしてくれると思います。

現在パキシルを服用していて、特に困ったことがない人は、このニュースで必要以上に不安に思うことはありませんよ。

実際、うつ病の私は、もう丸2年もパキシル服用MAX量の40mgを毎晩服用していますから。
困っている(困っていた)副作用といえば、服用数時間後の眠気と便秘くらいなものです。



このニュースに関する個人的な意見は、次の記事に書くことにします。


↓ 続きが気になる方は更新応援クリックお願いします<(_ _)>
人気blogランキング『メンタルヘルス』



Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
私もパキシル飲んでますが・・・
yupuさん、こんばんは~(^^ゞ
またもや、お邪魔させていただきましたm(__)m

私もSSRIはデプロメール(朝夕各50mg)とパキシル(夕30mg)を飲んでますが、ふらつきと体重増加と眠気ぐらいしか副作用は無いです。

パキシルのニュース、公開された日に読みましたが、もしかすればパキシルに起因する自殺も有り得るのかもしれませんが、鬱の直りかけにも自殺率が増加するという調査結果がありますし、パキシルで自殺が増えたというのも、もしかすればパキシルで、鬱が直りかけている時点での自殺かもしれないのではないかとも私は思いました。

私は製薬会社の人間でもありませんし、製薬会社の肩を持つ気は毛頭ありませんが、医師ももう少し投薬している患者に対して注意深く観察すべきであり、薬に頼りすぎらずもっと別のアプローチからの治療をしてくれていいのではと、治療を受けていて思います。

現実、1時間待って診察は5~10分という状態ではそうも行かないものかなとは思いますが・・・。
同じくパキシル服用者です
はじめまして。
パキ歴の長いセロトと申します。
減薬で検索したらこちらにたどりつきました。

全記事はまだ読んでいないのですが、サブタイトルにあるように、「うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!」に興味大です。

実際、医療に携わる方々がうつの「知識」と「経験」、両方兼ね備えていたらこれほど心強いものはないですよ。

今回副作用が大きく取り上げられましたが、減薬症状のしんどさにも充分注意してくれる医療態勢になればなーと祈っております。



>かっきー!さん
こんにちはー。

かっきー!さんはSSRIが体に合っているようですねー。
私はパキシルしか服用したことがないので、他のSSRIの服用感はわかりませんが・・・

このパキシルのニュースだと、ほぼパキシルの薬害を訴えているとしか思えないような内容ですよね。
まるで海外でのプロザック問題のようにしたいのでしょうか。

確かに、パキシルが原因の自殺もある可能性は否定できません。
でも、今回の記事では、なぜ数種類あるSSRIの中でもパキシルだけに限定したのか?という疑問が残ってしまいます。

記事が短すぎて、誤解を招くために書かれたようにさえ感じてしまいました。

医師も大変なのでしょうけど・・・5分診察が多すぎですねぇ。どうにかならないものでしょうか。

>セロト@10mgから減薬中さん
はじめまして!
私もパキシル歴が長くなってしまっています。

ありがとうございます<(_ _)> >全記事はまだ読んでいないのですが、サブタイトルにあるように、「うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!」に興味大です。

実は、「元」医療系学生になりそうな今日この頃です。
ですが、国家試験受験資格はないものの、卒論までどうにか終わらせることができたからか、医療関係物事の調べ方だけは身についたようです。

私はちゃんとした減薬は経験していませんが、すごく大変そうですね。
やっと薬物の副作用について記事になるようになった…という段階なのかもしれません。
TVや新聞のメディアは治療後半の減薬中のさまざまなしんどさにまでまだ知識が追いついていない状態のような気がします。

医師ももっと減薬段階での患者の状態を注意して診てほしいですね。

はじめまして!
僕はうつ病歴は1年と5ヶ月位です。
パキシルの記事でお邪魔させてもらいます。
僕は昨年の5月から今年1月まで、
1日30mgのパキシルを飲んでました。

1月から、20㎎になり、今年6月から
現在の10㎎にまた減薬と、抗不安薬
レキソタン2㎎、デパス0.5㎎になりました。。

だけど、軽い副作用が3週間以上も続いて
います・・1月の減薬時も2ヶ月位はあった
気がするし・・軽いふらつきと頭がシャンシャン
するような感じと酷い時には手足が
冷たくなってザワザワしてました・・

酷い時には、頓服でデパス0.5を飲むと
たちどころに治ります・・

だけど、死にたいとか思った事は一度も
無いです。。疲れやすい以外は普通の
生活が出来るまでになりました。

だけど、強い薬って事は減ってもわかりますね。(こわ・・
コメントありがとうございます。
>マイクロハムさん
こちらこそはじめまして。
いい感じみたいですねー。順調に回復していっているようですね!

私の個人的な印象なんですが、パキシルの大きな副作用が出るのは、服用開始直後~パキシルの薬効が出てくる頃までに多いのでは!?…と思っています。

私自身、パキシルの量が20mg→40mgに増えたときに胃への負担が数日間続きました。
そのときにはじめて、パキシルって強い薬なんだな~と感じました。
私も早く減薬できるようになりたいですが、断薬症状を考えるとちょっとこわいですね。

うつ病は、あせりは禁物な病気だな~とつくづく感じます。
パキシルとアルコール
三年前に小さな町の内科でリーゼを貰ってました。主治医が出張中そこの院長が何の説明無しにパキシルを処方してきました。仕事の疲れからの不安感程度でしたのでリーゼで良いでしょうと言う事だったのに…私は全く無知でしたからそのまま飲み続けました。ニ週は吐き気、風邪だと思っていました。毎朝体の感覚が消える。頭の中がシャンシャンと何かが鳴る。何も考えられませんでした。水商売をしなければならなくなりアルコールを呑んだ時、何とも言えないハイな気分になり、依存症のようになっていきました。一週間もせず自殺未遂に走りました。記憶は殆どありません。入院、自己嫌悪、自殺企図、突然やってきたような感じです。パキシルは徐々に減らしルボックスやデパスに変えてもらいました。やっと自分の病、薬に気持ちが行く余裕が出てネットなどで色々調べました。元々鬱の要因があったかも知れませんがパキシルの過剰摂取とアルコールによって、何かが崩れた気がします。病院によってはパキシルを絶対使わない医者もいました。同じ入院者にパキシルは止めろ!と真剣に諭された事もありました。結局 未遂を三回、左手は百ヶ所以上の傷。記憶障害が残り、その理由や経緯も忘れつつあります。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。