医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/31(火) 00:40:54 [うつ病闘病記]

また更新が止まりがちになってしまってます(泣)

blogに書きたいことはたくさんあるのに、何かしらバタバタしてます。
その間のことは、また明日以降に書きたいと思います(あくまで予定は未定)。

今日は寝床からケータイでblog書いてます。
(以下、明朝7時半ごろ更新)


なんとまぁ!!!


↓ 更新の励みになります!応援クリックをお願いします<(_ _)>
人気blogランキング『メンタルヘルス』


…そう、もう寝る準備ができているのです(私にしては、意識してこの時間に寝ようとするのはむちゃくちゃ珍しいことなのです)。

梅雨明け以降、心身の調子はうなぎ登りです。


去年のこの時期もそうでした。
私の場合は、夏はうつ病が治ったかのように感じることもあるくらい、主な症状の運動制止思考制止も影を潜めるのです。


今日はゴミ出し、洗濯、掃除、夕食作りと片付けまでサクサクとできました。
途中で「無理しちゃいかん!」と、自分で意識して休息を入れるほどでした!

こんな感じで毎日生活できたらいいんですけどね…



とにかく!今も相方家にいます。
先日、通院のために一時退院(入院とは相方家で生活すること。)しましたが、3日間ほどで再入院です(笑)

2~4日間くらいが、イチバン実家での両院の毎晩の罵り合いが耳に入っても、どうにかストレスを感じるレベルにまでは達しないようにスルーすることができる期間のようです。
(母曰く、彼らはそれでストレス発散しているらしい。幼い頃からそれを聞き続けてきた私にとっては、26になった今でも相方がモノを落としたりぶつけたりしたときの大きな物音だけで、「怒ってる!?」と、不安になってしまうことが多いのです。)


3年前までの某医療系養成校に通っていた頃のように、ウチの実家の人たちとはある一定の物理的な距離感があればストレスは激減するし、特に弟とは周囲に「仲がいいなぁ」と言われることもあるくらい、関係がマシになるようです。


…というわけで、これからは精神科クリニック診察のとき以外は、ほとんど相方家で生活させてもらう方向に向かってます。
主治医も大賛成!)


実際、相方の仕事が忙しくて、掃除やら自炊やらほとんどする時間がないので、

『うつ病からの復職訓練プログラム』 まではいかなくても、


『うつ病からの日常生活・主婦業復帰訓練プログラム(自分でテキトーに名づけただけです。)』

…がかなり本格的にできる環境にあります。
相方も了承してくれたので、実家の愛猫ぷっちーさんに会えないのは寂しいですが、うつ病克服へ向けて新たな第一歩を踏み出したような今日この頃です。




余談ですが。

昨夜は自然な眠気がきてくれたのに・・・・・
しかも睡眠薬ミンザインハルシオンのジェネリック医薬品)も飲んだのに・・・・・

何度も中途覚醒しました。_| ̄|○
やっぱり昨日家事がたくさんできたことの反動でしょう。(ある程度は想定内)

中途覚醒はしたものの、今の時点では眠気が残っているだけで、調子はよさ気です。


やっぱり、私は夏女やわ(笑)





Comment


はじめまして ひさしぶりの更新ですね。まっていました。なんでもよいので 無理しない程度によろしくおねがいします

>なおさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
ホント久しぶりの更新です。
ケータイからでも一言でも更新するようにしたいです。

もちろん、ブログが自身の負担になってしまっては元も子もないですものね。
ぼちぼち更新していきます。

なおさんもまた見に来てくださいねー!

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。