医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/10/02(日) 23:34:49 [うつ病闘病記]

久しぶりの更新。

ようやく外に出ることができた。
予約していた本の取り置き期限&返却遅れの本があったため、図書館に行かなければならなかったからだ。

午前中、吐き気とまではいかないけれど気分が悪く、頭の中のふわふわ感(脳の情報処理スピードが遅い感じ)があって布団に突っ伏していた。

今日の原チャでの移動はムリかなぁと思っていたけど、午後まで寝て、さらに昼食を抜いたら頭のふわふわ感はほぼなくなり、気分が悪いのもなくなったので、原チャでぶらりと移動できた。

こうして、今日は外出できたわけだが・・・

人気blogランキング『メンタルヘルス』

これまでほぼ1週間寝たきりに近い状態だった。
寝たきりと言うと言いすぎかもしれないが。

もっと正確に表現すると、

「睡眠時間が昼寝合わせて15時間超。
室内での活動は洗濯物取り込みや食器洗いなどの家事がほんの少しできる程度。家事ができる時はまだマシな方。
なんとかPCを立ち上げて、ネットをぼーーーーーっとした頭の状態で、
サイト・ブログを巡回する(いつものネット習慣のみ)程度。」


…といったところ。

今週はこんな毎日だった。

身体症状としては、午前~昼間~夕方にかけての眠気がメイン。
この眠気の中には、頓服のセニラン(レキソタン)2mgからくるものも含まれる。

でも、それを考慮しても異常な眠気。

精神症状としては、今回(今年6月以降)の再発(再燃!?)で初めて、抑うつ、不安感、自傷行為・自殺への欲求、意欲の低下がはっきりと現れてきた。

実際には自傷行為・自殺行為はしていないので、そこらへんはご安心を。

これらがうつ病という病から生じているものだと理解しているから行動には移さない。

とにかく必死で耐える。

頓服を飲んで不安感を減少させ、副作用による眠気を誘い、眠る。

これで少しは回復する。

これを自分では「寝逃げ」と命名している。
だって、根本的には回復していないのだから。
頓服で寝て回復って、所詮、対症療法でしかないわけでしょ。

あと、相方がくれた指輪を薬指にはめる。できるだけ長い間。(実家では外していることが多いのです)

こんな感じで私はきっつい精神症状から逃れようとしております。


明日は診察日。
一時期はSSRI(パキシル40mg)の効果がちゃんと出ていたけど、ここ数週間は微妙な感じになってきていた。

前回の診察ではDr.も「(他の抗うつ薬をプラスするか)もう少し様子を見よう」とおっしゃっていた。

でも、さすがにこのクールはきつかったので、増量になるかもしれないな…。

最近は回復も停滞気味です。


↓人気blogランキング『メンタルヘルス』部門に参加しました。更新応援クリックお願いします。
人気blogランキング『メンタルヘルス』




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。