医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/21(金) 03:29:18 [うつ病闘病記]

一体、「人生の転機」が何回あるのかは人生を終えるまでわからない。
そもそも、「人生の転機」と思うある時点には個人差が大きい。

私もこれまでの26年ちょっとの間でも、「人生の転機」だったのかな?…と思える時期がいくつかあった。


↓ 続きの前に応援クリックお願いします。
人気blogランキング『メンタルヘルス』


26歳という年齢を考えると、年長の方々の思う「人生の転機」に比べれば随分短くて、大したことのない転機かもしれない。



それはさておき・・・



今、まさに私の人生何度目かの「人生の転機」が訪れているように感じることがあります。

いや、おそらく「人生の転機」なのでしょう。




私は約3年前からうつ病になってしまっているけど、
この長いうつ病闘病生活は、「私の人生の転機」なのだと思うようにしたい。


現在は、このうつ病という予想外の病気関連のアクシデントに加えて、健康な状態でもありえる「人生の転機」が来ていると思う。



一度に2つ以上なんて、やっぱりしんどいけど、どれも結果的にはいい方向に向かう転機にしたい。





Comment

Great brolging!!
そのとうりだと思う。

人生の転機。

人とは違った経験をする事で、より大きな

人間になれる。

すばらしい経験を今していると思うよ。

無理せず、あせらず、少しずつね。

期待してるよ


うつ病生活24時

stars

>starsさん
後に、これもいい経験だったと思えるようにしたいと思います。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。