医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/11(木) 02:35:10 [うつ病闘病記]

地震がやってきたみたいになっている。

突然、そして、激しく。

うつ病の症状の波も引き潮になってきていたと思った矢先、イキナリの激しい焦燥感。

何の引き金もなく、その地震はやってきた。
まるであの頃みたいに。

1日を終えれたと思った瞬間に。
あの頃は涙が出てくれた。
でも、今は抗うつ薬である程度抑制されているから泣くこともできない。

さすがに相方はもう寝た。


この苦しさはヤバイ。久しぶりに来た。もう来ないと思ってた。
とにかく楽になりたい。
お酒を飲もうかと思ったけど、それじゃダメ。
とにかく頓服を飲んだ。
早く効いて。

なんで近くに頼れる人がいるのに、またこうして突然鬱症状のゆり戻しが来るのか。

やっぱりこの季節は鬼門なのか?

耐えろ、症状のゆり戻しなんだ。
外に歩きに出たくなった。
でもこの時簡にそれはマズイ。

いざとなれば、もう1錠頓服を飲めばいい。
それは許可されている。


大丈夫。

きっと一時的なものだから。

だからうつ病は怖い。


人気blogランキング『メンタルヘルス』



Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。