医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/12(金) 19:47:14 [うつ病闘病記]

昨夜はミンザインも飲み忘れた?ってくらいまーったく効き目がなく・・・仕方なくキールをつくって飲んだわけですが・・・

なぜか今日はうつ症状の発作はナシ!

眠れた時間が時間だったので、さすがに昼過ぎまで寝ていましたが(汗)


この結果から考えると・・・


↓ 続きの前にポチっと応援クリックお願いします。
人気blogランキング『メンタルヘルス』


『適度な飲酒はむしろ寝つきが良くなる!?』


…なんてうつ病患者としては言っちゃいけないような邪道な想いも出てきてしまいます。(本当は眠剤飲んだときは飲酒厳禁です!!)



こんな危険なことはよっぽどのことがない限りしませんけど、
つくづく人間の身体って不思議だなぁ~と思わざるを得ません。


私の場合は、適度に、あくまで適度に飲酒しながらブログ書くのがうつ状態からの急速回復にはいいのかもしれません。
(あくまで私の場合、眠剤服用時の飲酒禁止以外は、特に主治医にも飲酒を止められているわけではありませんので。)


もちろんっ!!
みなさん、マネしないでください!!! ぺこ <(_ _)>


特に主治医から飲酒を禁止されているうつ病患者さん!
アーンド、まだ精神科受診もしていない、「自分ってうつ病かな?」と思っている方!!

飲酒でうつ状態から抜け出そうというのは、アルコール依存症への第一歩になってしまいますから!!!(私のことか??)


特に一人酒はやめましょう!(自分への言い聞かせ?)
もし、アナタがみんなでワイワイ飲めない状態なら、スグに精神科心療内科を受診することをオススメします!




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。