医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/17(水) 15:39:55 [うつ病最新(!?)情報]

あれ!?やっとリタリンの適応症からうつ病が削除された・・・と言いたいところですが、削除申請されたそうです。

詳しくは以下の通りです。

うつ病などの治療薬として使われ、若者を中心に乱用が問題になっていた向精神薬リタリン」について、製造・販売元の「ノバルティスファーマ」は10月17日午前、適応症からうつ病を削除するよう、薬の安全性を審査する独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」に正式に申請した。

製薬会社が自ら適応症の削除を求めるのは極めて異例。
同日夕の厚生労働省薬事・食品衛生審議会の部会で削除を承認するかどうかが議論される。

同社によると、うつ病ではない患者に医師が安易にリタリンを処方するなどして乱用が広がっていることを重視。世界でリタリンがうつ病に使われているのは日本だけとされ、国内でも副作用の少ない抗うつ薬(国内ではSSRIのパキシル、るボックス、デプロメール、ジェイゾロフトなど)が発売されているため、リタリンをうつ病に使う必要はなくなったと判断した。

うつ病への適応削除が承認されればリタリンが使えるのはナルコレプシー(睡眠障害)だけとなる。同社は乱用防止策としてリタリンの流通管理策についても同部会に提出するそうです。


個人的な意見・疑問点は、メンタルヘルスニュース.netの方にしっかかせてもらいます。


<リタリン>適応症からうつ病削除申請 製造・販売元
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071017-00000043-mai-soci


Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。