医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/25(木) 01:49:34 [うつ病最新(!?)情報]

30代、40代の働き盛りに増えている鬱病(うつびょう)。重症化すると本人がつらいのはもちろん、企業にとっても大きなデメリットとなるだけに、予防や早期発見が求められています。そのため従業員の「心の健康」対策として「EAP」と呼ばれる支援プログラムを導入する企業が増えている。体と同じように心の健康診断を定期的に行い、鬱病などメンタル疾患の重症化を防ぐのが狙いだそうです。

 IT企業などを中心に約60社が利用するEAPプログラム「アドバンテッジEAP」を開発・運用する東京海上日動メディカルサービスの長野展久・医療本部長は「鬱病は対応が遅れると、それだけ回復にも時間がかかる。ただ、初期の場合、家族や職場の同僚が気づかないことも少なくない」と指摘する。

 同EAPは、従業員全員に対して定期的にストレステストを実施。「何でも話せる友人がいる」「上司は困ったとき話を聞いてくれる」など約100の質問項目にこたえてもらい、ストレスの高さを測定。要対応者を選別する。メールや面談でのカウンセリングを通じて本人に自身の状態に気づかせ、医療機関の受診を促し、重症化する前に治療に結びつける。

成田国際空港株式会社は平成17年から同EAPを提供するアドバンテッジ社と契約した。総務部厚生労務グループの笹田祐爾マネジャーは「メンタル疾患に対して社員全員が興味をもってくれるようになったのが一番の成果。病気に対しての認識が高まれば、『寝付きが悪い』などの症状が続いたときに、『医師に相談してみよう』と早期の対応につながる可能性が高い」と評価する。

「メンタル疾患を自発的に相談する人はまずいないといってもいい。体と同じように心も定期的にチェックして、状況を確認するとともに、医療的な見地からの判断と介入が不可欠だ」そうです。


yupuの個人的な感想

まだしてなかったの??…というのが正直な感想です。
大企業でもそんな調子では、産業医がいないような中小企業では、まだこのようなストレスチェックは行われていないでしょう。

うつ病などは今のような世間の状況では、いつ・どこで・誰が発症してもおかしくないくらい身近な病気です。

会社がストレスチェックをしれくれないなら、人間ドッグのように予防的に精神科・心療内科クリニックを受診してみてもいいと思いますよ。
安易にカウンセラーなど、保険適用がされないところに行くよりも安価でいいと思うのですが。

そもそも会社の健康診断に、メンタルヘルス関連の項目を必須になっていないのが不思議なくらいです。
この時代、健康診断で社員全員がメンタルヘルスチェックを受けるようにするべきです。

鬱病 働き盛りに急増中 対応遅れで長期化 心も「健康診断」必要
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071024-00000107-san-soci


Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。