医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/29(月) 16:51:25 [うつ病闘病記]

昨日くらいから1日に何度か「何が不安なのかわからない不安発作」が起きています。

この「何が不安なのかわからない」ってのが、うつ病不安症状の特徴の一つかもしれません。

ただ・・・


↓ 続きの前に応援クリックお願いします<(_ _)>
人気blogランキング『メンタルヘルス』



もちろん、「何が不安なのかわかる」不安症状もあります。
私の場合、うつ病発症直後に起こる不安発作は自分でも理由がわかることが多かったです。

不安の対象がわかるのならば、まだいいんです。
その不安の素をなくすようにすればいいのですから。



困るのは、うつ病回復期に入ってから時々起こるようになった「何が不安なのかわからない」不安発作です。

わーーーーーーーっと頭が締め付けられるようになったりします。
立ちくらみがひどくなります。
とにかくこの変な症状が静まるまでマトモに動けません。
よく頭を抱えて布団やソファに突っ伏したりしてやり過ごしています。
長引きそうなときは、少し落ち着くのを待って頓服の抗不安薬セニランレキソタン)を飲みます。

今も微妙にうつ病特有の頭痛がします。



昨日、相方にこのうつ病特有の頭痛を説明していたんです。
そのときに選んだ言葉が、

『二日酔いの最後の最後に残る頭痛に近い』

…だったのです。


他の人はどうなのかわかりませんが。。。



あと、脳の前の方(前頭葉のへん!?)がずしーーーーっと重くて、ときに締め付けられるような感じの頭痛がします。


今日はボコボコに調子が悪い状況は抜け出せていますが、昨日もエンドレスな夢を見ましたし、今月はホント、うつ症状が一進一退ですね。
困った困った。



Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。