医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/31(水) 13:37:22 [うつ病最新(!?)情報]

少しずつ社員の過労自殺パワハラ自殺などが公的に認められるようになってきたようです。
本日、以下のような判決が出ました。


中部電力社員だった夫(当時36歳)がうつ病になり自殺したのは、過労や上司のパワーハラスメント(職権による人権侵害)が原因だったとして、妻が名古屋南労働基準監督署長を相手取り、遺族補償年金の不支給処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が10月31日、名古屋高裁でありました。

裁判長は、「業務が原因でうつ病を発症し、そのために自殺しており、不支給処分は違法」と述べ、不支給処分の取り消しを命じた1審・名古屋地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却。

判決によると、夫は1999年8月に主任に昇格した後、うつ病を発症。同年11月、乗用車内で焼身自殺した。妻は翌年、労災認定を申請したが、労基署は「業務が原因のうつ病ではない」として申請を退けていました。


詳しくは、メンタルヘルスニュース.netに書いています。

うつ病自殺、2審も過労・パワハラ認定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071031-00000103-yom-soci


↓ 更新応援クリックお願いします<(_ _)>
人気blogランキング『メンタルヘルス』



Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。