医療系の職業の人は本当にうつ病に対して理解があるの? うつ病の闘病、治療、最新情報を医療系学生の視点から考える!


サイトマップ

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/08(木) 15:17:22 [うつ病闘病記]

この1ヶ月近くの間、あまりにもウツ症状運動制止思考制止がひどくなっていて、1回診察予約をキャンセル(この記事参照)してしまうくらい動けず・・・が続いていました。

ここ2週間くらいは、わずかに良い悪いの波はあれど、入浴が2~3日に1度しかできないような状態にまでうつ病が悪化していました。

もちろん、食事なんてほとんど作れませんでした。
なにせ、自分が食べることに対して行動する意欲すらなかったのです。
食欲自体はそれほど低下していなかったので、相方に目の前にお惣菜を用意してもらえたら何とか食べていました。


そして、先日やっとのことで実家に帰省ができ、いつもの精神科・心療内科に受診しに行くことができました。


やはりというか、タイトルにもあるように・・・増薬されました。


その薬は・・・


↓ 続きの前に更新応援クリックをお願いします<(_ _)>
人気blogランキング『メンタルヘルス』


アナフラニール

このアナフラニールを10mg錠を1日3回、朝昼晩と服用するように指示されました。


ちょっと調べたところ(いつかまた詳しく書きます!?)、このアナフラニールは、第一世代の三環系抗うつ薬とのこと。


・・・だったら副作用キツイんちゃうん????

なんてビビっていましたが、思ったよりも副作用がない!
てか、むしろナイ!! ヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ バンザーイ♪
(これから出るかもしれませんが・・・)



これまで、レスリンアモキサン・・・と一時的な増薬経験の中で、いつも私にとってやっかいな副作用となっていたのが、

『強い眠気』

・・・でした。そのせいでいつもスグに増薬中止になっていました。
そしてそんなこんなしているうちに、自己回復力なのか?うつ病の症状の波が引いただけなのか?増薬の必要性がない状態に戻っていたのです。



ですが、今回、主治医は「眠気の副作用はない」…と言ってアナフラニールを処方しました。
ちょいと調べたところでは、「眠気」も副作用に含まれていましたけど。(^^;;


とにかく!1日ちょいくらいかな? このアナフラニールを服用してみた感じでは、これまでの抗うつ薬系の増薬の中ではイチバン身体に合っているみたいです!!

便秘の副作用はSSRIパキシルだけのときよりもきっとキツくなるでしょうから、マグミット(俗に言う「カマ」)は指示通り1日2回朝晩と飲んでおこうと思っています。



このアナフラニールと家事から完全解放されているのもあってか、調子は下がり止まりに近づいているような。

それにしても、これまでうつ病闘病生活を続けてきている中で、調子がむちゃくちゃ悪くなって一時的な増薬になるのは、決まって秋~冬の時期ばかり。


これだけ実績ができてしまうと、私って季節性うつ病冬季うつ病)ですよね・・・!?





Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。